2012年12月9日日曜日

もみのきのみ展☆作家紹介(岡村友太郎さん、高橋彩子さん、mar worksさん、 la forêt verteさん)

前回に引き続き、12月13日(木)~ 12月25日(火)までクリスマス企画展「もみのきのみ」の作家さん紹介です☆

前回ご紹介の作家さんはこちら


じゃーん!この積み上げられた可愛らしい陶のミニカーは、陶芸家の岡村友太郎さんの作品です。
okebaにも苔を摘んだ軽トラック(苔トラ)を置いていただいております。
一つ一つ手作りの作品は、あたたかく夢がいっぱい詰まっています。
バスの行き先が違ったり、いろんな人や動物が乗っていたり、見ていてホントに楽しくなる作品です。

今回の展示では、陶器のミニカーXmasバージョンとピカピカスターバッチを制作中とのこと。
どんなミニカーが登場するのかワクワクします!


お次は、今回初めてokebaで展示していただく、工作人の高橋彩子さんです。
今回の展示に是非参加してほしいとokebaスタッフからのラブコールにこたえていただきました☆

“旅”と“作る”を繋げる作品づくりをする高橋さん。
旅の記憶を詰め込んだバッチ、どこかのだれかが作り続けているちょっとエッチなちいさな人形、意味不明な不思議なオブジェ……
そんなオブジェたちが、okebaの空間をどんな風に彩るのか今からとても楽しみです。


こちらは、okebaでもおなじみの靴職人のmar worksです。
ベビーシューズやファーストシューズなど、丁寧な手仕事と飽きのこないデザインは、季節を問わず大人気です。

今回この企画に向けて、クリスマスツリーを飾った幼かった時、夢があって暖かな気持ちだったことを想い出しながら、革のツリーを制作中とのこと。
革の作品は、時が経てば経つほど深みのある味わいを醸し出してくれます。

子どもの代まで残しておける素敵なツリーは、クリスマスの贈り物としても喜ばれそうですね。



最後は、今回会期中にキャンドルのワークショップも開催していただくキャンドル作家 la forêt verte(mieさん)です。

ゆらゆらゆらめくキャンドルの灯りは、本当に心を落ち着かせてくれます。
冬の時間、クリスマスに近くなるこの時期は、なぜかキャンドルの灯りが恋しくなる季節。
キャンドルの灯りに身をゆだねのんびり過ごす穏やかな夜もなかなかいいものです。

今回の展示では、子ウサギましろのクリスマスのワクワクする気持ちを、小さなスイーツや、真っ赤な林檎、そしてカラフルなキャンドルで表現して下さるそうです。
クリスマスを素敵に演出してくれそうですね☆

また、ワークショップでは、オリジナルのキャンドルを作ることができます。
コチラは、ご予約制になっており、まだ若干のご予約が可能です。
是非ご興味のある方はご参加お待ちしております。

詳細はこちら↓↓↓↓

日時:12月19日(水) 14時~16時
講師: la forêt verte
定員:5名まで
料金:3,500円(材料費込)
持物:エプロン 作品を持ち帰る為の袋
場所:okeba gallery&shop 2F

ご予約お問い合わせ先
メール:okeba@kumazawa.jp
tel:090-2249-6112
※メールでのご予約は、お名前、参加人数、ご連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
※また、夜間、定休日のお申し込みはメールにてお願い致します。


その他、12月15日(土) ビブラフォン奏者・作曲家 藤田正嘉さんLIVE開催します!

茅ヶ崎出身ドイツ在住の藤田正嘉によるコンサートです。
新作アルバム「Stories」収録曲を中心に。美しいビブラフォンの音色をokebaの空間全体に響かせます。

藤田正嘉さんHP:http://masayoshifujita.com/
時間:受付17:00〜 演奏開始17:30
入場料:1000円 要予約

コチラも合わせてご予約お待ちしております。

staff湯川

0 件のコメント:

コメントを投稿