2014年1月30日木曜日

鎌倉 蕾の家イベント 「湘南に残された最後の酒蔵 熊澤酒造」のご紹介

「考える・自然と生きる・楽しむ」をコンセプトにお教室やイベントを企画している鎌倉の「蕾の家」にて、「湘南に残された最後の酒蔵 熊澤酒造」と題したイベントが行われます!

日々の生活や仕事に追われている毎日から、ちょっと立ち止まって自分と向き合う時間、毎日の生活をちょっぴり良くするための時間を作りたい、という想いからお教室やイベントが行われている、古民家「蕾の家」で、熊澤社長と語らいながら熊澤酒造のお酒「天青」や美味しいお料理をいただけるイベントです。
みなさん、ぜひご参加ください!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


「湘南に残された最後の酒蔵 熊澤酒造」
 日本の古き良きを愛しみつつ、新しいことに挑戦する人たち

湘南には素晴らしい酒蔵があります。彼らは地域に根ざした手作りの良質な美味しいお酒を作り提供することにこだわり、創業140年以上の今も進化し続けています。その裏には、興味深い想いと変革の歴史が刻み続けられています。
今回、素晴らしいご縁があって、熊澤酒造の現社長 六代目 熊澤茂吉さんをお招きして、
彼の想い、そしてそれをカタチにしてきたストーリー、公私にわたるライフワークなどを語っていただきます。
皆で蕾の家のひとつの屋根下で語り合いながら、杯を交わし、熊澤酒造の美味しいお酒と、個性溢れる素晴らしい料理の達人が作った日本酒に合うつまみ料理を楽しみながら、特別な一時を過ごしませんか。

■日時 2月23日(日)13;00~16;00
第一部
13;00-14;00 熊澤茂吉 Story
第二部 
14;00-14;30 湘南ビールで乾杯!
            質問タイム,語らいスタート
第三部
14;30-16;00 天青と日本酒に合うつまみ料理を味わう会
            
■会費 ¥5,500円
(講演座談会、湘南ビール、日本酒(天青)料理)

■定員 25名程度


■語り手 プロフィール

熊澤茂吉
昭和44年生まれ。平成4年早稲田大学教育学部社会学科卒業後、米国フロリダ・サザンカレッジへ。中退後米国を放浪中、家業の熊澤酒造の廃業の危機を知り帰国、平成5年5月入社。平成9年5月社長就任、6代目蔵元として茂吉襲名。平成12年4月清酒「天青」発売。古くから存在していて価値が無くなってしまいそうなモノに、新しい魂を入れ甦らせることを、公私共にライフワークとしている。

熊澤酒造株式會社 
創業 明治5年(1872年)
社是 よっぱらいは日本を豊かにする。
http://www.kumazawa.jp/

■日本酒に合う料理をつくる料理の達人
料理人 プロフィール

磯野 正人
現 鎌倉松原庵欅 料理長
それまでの行いを転身し、赤坂の料亭で真剣に料理修行。
料理への才能を開花し副料理長を歴任、その後も麻布川上庵の料理長として活躍し現在に至る。
大きな体で、繊細な美しい日本料理をつくる男。

吉田 紀夫
若くして料理人目指す。川上庵料理長、松原庵立ち上げや松原庵料理長に大抜擢。
その後、独立し、現在関内の蕎麦屋「壱」の店主。
お酒好きでエネルギー溢れる料理人。

※当日の状況によっては内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■予約方法(完全予約制)   
レッスンのご予約はこちらから
※定員になり次第、予約を締めきらして頂く場合がございますが、ご了承ください。

■アクセス
江ノ電由比ガ浜駅徒歩2分
住所:鎌倉市長谷2-4-2
LinkIconアクセスはこちらをご覧下さい
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

0 件のコメント:

コメントを投稿