2016年6月30日木曜日

ガラス・鉄・木の作家展「kitchen to...」が始まります!

梅雨の合間に、すっかり夏めいた日も増えてまいりました。
okebaでは、3つの素材違いの作家さんの3人展がもうすぐ始まります。
本日は、それぞれの作家さんの簡単なご紹介をいたします。


まずはガラス作家の曽田 伸子さんです。
曽田さんのガラスは、吹きガラスの作品です。
細い糸のような真鍮の線をガラスに溶かし込み作られる、ガラスと金属の上品な組み合わせの作品たちが並びます。
透明なガラスの中に光る、キラキラとした真鍮の模様の入ったアイテムたちを、ぜひお手に取ってごらんください。






―曽田 伸子さん―

        東京生まれ
        大学と大学院で応用物理を学ぶ
        特許の仕事を経て、2006年、吹きガラスを始める
        細い糸のような真鍮の線をガラスに溶かし込み、コップや小鉢、花びん、オブジェなどを制作しています。ふと手にとって使いたくなる、ふと気になって眺めたくなる、そんな存在になれたら、と思い、ガラスに真鍮の糸を溶かして作品にしています。


◆  ホームページ
        http://www012.upp.so-net.ne.jp/sunoco/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


お次はokebaでの展示は初参加となります、キッチン用の鉄のフライパンや包丁などを作っていらっしゃる上田 裕之さんです。










鉄のフライパンやお鍋など大きさやかたちにこだわったものばかりです。
今回は手作りの包丁もお持ちいただける予定です。山梨県で制作をされている上田さん、ご自分の工房近くの木を使った柄で、包丁を作られているそうです。


人とは違う調理器具をお探しの方には必見です^^






―上田 裕之さん―


2010年より、日々の暮らしに使う道具を、作り、使い、考えながら活動しています。
主に鉄や鋼、ステンレスなどの金属を熱してハンマーでたたいて整形し、
自分の住む近隣の木を用いて燃料の炭を焼いて道具の柄も制作しています。
毎日手に取って使いたくなる、使う人の心を豊かにするようなもの作りを目指しています。

blog :  http://kajikoubouueda.blog.fc2.com


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





最後に木工作家のうだまさしさんをご紹介します。




さまざまな木を用いて手作りのカトラリーや食器を制作されているうださん。

かたちが個性的で愛らしくて、ずっとそばに置いておきたくなるような道具です。



今回は木を藍染めにしたうつわもお持ちいただけるそうです。
どんな質感のものなのか、今からとても楽しみです。



―うだ まさし さん―






1983 秋田生まれ、千葉育ち

 
 大道具会社で工場勤務。TV、舞台のセットを作る。
 その後、家具工房で注文家具、オーダー家具の製作。徐々にオリジナル家具を作り始める。
 
木工訓練校で、基礎を改めて学んだ後、独立。
 
 秩父の山中に移り住み、暮らしにまつわるアイテムを制作。
現在は、展示会を中心に、クラフトフェアなどにも出展。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ガラスの涼やかさ・鉄の佇まい・木のかろやかさ
3つの素材が織りなすキッチンから
心地よい夏の風景をイメージして・・ (DMより)


夏の3人展が始まります、どうぞお楽しみに!


******************************************************

◆ kitchen to ....◆

日時:7/2(土)~7/14(木)
平日11:00-17:00/土日祝11:00-18:00(最終日16:00まで)

会場:okeba gallery&shop


************************************************
staff 加藤











0 件のコメント:

コメントを投稿