2017年8月15日火曜日

gunung-lifeさんのフェア「夏の服」が始まります。

 
okeba常設の作家、gunung-lifeさんの夏のフェアのご案内です。
リネンやコットンなどの天然素材で、着心地の良いお洋服をいつもご提案してくださるgunung-lifeさん。
今回も夏を涼しく過ごせる、シンプルなお洋服が並びます。
 
 
こちらは出品予定のお洋服で、コットン100%のギャザープルオーバーです。
少し光沢があって、とても上品です。
 
 
こちらは涼しげなリネン100%のオフホワイトスモックワンピースです。
重ね着やアクセサリー使いを楽しめそうなお洋服で、年齢を問わず着ていただけます。
 
 
展示予定のものからほんの一部をご紹介いたしましたが、他にもまだたくさんの
洋服が並ぶ予定です。
1点1点の入荷は少なめとなりますので、気になる方はどうぞお早目のご来店をお勧めいたします。
 
お洋服はご試着も可能ですので、どうぞスタッフまでお気軽にお声掛けください。
お暑い中ではございますが、夏のお気に入りの一着を見つけにぜひいらしてください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆gunung-life 「夏の服」
 
2017年8月18日(金)~31日(木)

平日     11:00~17:00
土日祝   11:00~18:00
会期中無休
作家HP:http://www.facebook.com/gunung.cycle

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 加藤

2017年8月14日月曜日

ギャラリートーク「籠と箒の今とこれから」

9月16日~30日の期間展「籠屋と箒屋」の開催に伴いまして、作家さんである関田徹やさん(籠)と、吉田慎司さん(箒)のお二人に、ギャラリートークを開催して頂きます!
 
  かつてはどこの家にも「あたりまえの生活道具」としてあった竹籠と座敷箒。
電化製品の台頭とともに一度はなくなりかけていたこのような道具たちが、今見直されているのはなぜなのでしょうか?
 
そんな中、それらのつくり手は全国で急速に姿を消している状況にあります。
若い作り手であるお二人が籠と箒の「今」をどう見ているのか?「これから」何に取り組もうとしているのか?
そんなお話を熱く語り合っていただきます!

ギャラリートークは9月17日(日)となりますが、展示期間中はお二人の様々な籠と箒がokebaの奥に一同に並び、16日(土)、17日(日)、18日(月)は、お二人の制作実演もございますので期間中の展示販売もぜひご来店ください♪

ギャラリートークは話し出したら何時間でも語れるというお二人の1日だけの熱いトークが聞ける貴重な機会です!ご都合の合う方はぜひこの日にご来店いただき、ご参加ください!
参加は無料です!お申込み、お待ちしております!


【profile】

●関田徹也

 1983年生まれ。東京で育つ。

小学生のころから手仕事に興味を持ち、13才から竹籠を作り始める。

正式な弟子入りはせず、東京、埼玉、茨城等の竹籠職人を訪ね技術を習得。

2014年から本格的に活動を開始。

籠の製作と同時に現在も各地の職人を訪ね多様な技術の記録と習得そして活用の道を探っている。



●吉田慎司

 1984年生まれ。東京で育つ。2007年、武蔵野美術大学彫刻学科卒業。民俗資料室での縁から、中津箒の手ほどきを受ける。

まちづくり山上入社。全国で展覧会、ワークショップなどを中心に発表しています。札幌在住。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆ギャラリートーク「籠と箒のいまとこれから」

2017年9月17日(日) 13:30~15:30
定員10名 参加費:無料
要予約

※ご予約・お問い合わせはokeba gallery&shopまで

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇関田徹也(竹籠)・吉田慎司(中津箒)展示会
「籠屋と箒屋 ~kagoya to houkiya~」

2017年9月16日(土)~30日(土)
平日11:00~17:00  土日祝日11:00~18:00
定休日:9月19日(火)
制作実演日:16日(土)、17日(日)、18日(月)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2017年8月3日木曜日

陶芸家・山下秀樹さんの「山下秀樹 作陶展」が始まっています!

8月2日からは、とても素敵な展示が2展示始まり、okebaは入り口がまた新しい空間になったようでワクワクしてしまいます!

メインの展示として展開して頂いておりますのが、今回初めての展示となります、陶芸家・山下秀樹さんの「山下秀樹 作陶展」です!

山下さんの器は、何といっても「銀化天目」という、オリジナルの釉薬の景色。
その時々の焼き上がりがどのように上がるかは、制作者である山下さんでも窯を開けてみないとわからないそうです・・!
写真のような「夜空」や「宇宙」に例えられる釉薬の景色は、本当に見惚れてしまうものばかり・・

下の写真のように、同じ形、同じ釉薬のかけ具合でも、こんなに違いが出る場合があるのです。

銀化が強いもので、キラキラとした景色が出るものは、「キラキラした粉」がついているように見えるものもあるぐらい輝いています。こちらのタンブラーと酒器は、触ったらキラキラした粉が手につきそうなくらいです!写真では、お伝えすることができません・・

今回、300点ほどの作品をお持ちいただき、大物から小さなもの、お皿も形や大きさが様々ですし、その他にも、酒器、片口、マグカップ、しょう油差し、お湯呑み、お茶碗、などなどなど!!
都内のギャラリーで展示されると、すぐに売り切れてしまう場合のおありだそうで、こんなにたくさんの作品を見れるのはなかなかない機会だとか!


 
その他にも、昨日耐熱のお皿が入荷し、こちらもたくさんご用意がございます!
 
また、山下さんの銀化天目以外のシリーズで、白いぽってりしたものもございます!
山下さんの器はどのアイテムにも限らず、とても軽くて使いやすいのですが、この白のシリーズも優しい風合いで他の器とも合わせやすく、軽くて使いやすいのでおススメです!


ぜひぜひ、山下さんの器の世界をご覧ください!
お待ちしております♪

***************************************************
~山下秀樹 作陶展~

2017年8月2日(水)~16日(水)(最終日~16:00)
平日     11:00~17:00
土日祝   11:00~18:00
会期中無休

在廊日  2日(水)、5日(土)、12日(土)、13日(日)
***************************************************
staff村石

キタムラマサコさんの「夏庭の葉壜 展」が 始まりました!

okebaでは、8月に入り、またまた素敵な展示が2展示始まっています!
まず1目の展示の業界が、ガラス作家のキタムラマサコさんの「夏庭の葉壜 展」です。


ガラス瓶のパーツを2つ組み合わせ、お花や草を生ける器=「葉壜」にされるキタムラマサコさん。
ベースとなる器の上に漏斗(ロート)のようなガラスが重なり、花留めの役割をしています。

材料は一つのビンからできているのですが、組み合わせはキタムラさんのセンスにより、様々な組み合わせが展開されています!


組み合わせの色や形によって、雰囲気がだいぶ変わりますし、それぞれの可愛らしさがどれもありますので、迷ってしまう方も多く見かけます!
また、大きさによって飾れる植物の大きさも変わりますので、いろいろと集めたくなってしまいます♪

キタムラさんがダイアモンドを削る機械で1つ1つ手書きしているという模様も、どれも素敵なのです。模様が入っている場所も様々。


okebaの入り口は、今植物なのか、葉壜たちなのか、話し声がワイワイ聞こえるような気がしてとても賑やかです♪

ぜひ、お気に入りの葉壜を見比べたい方は、どんどん旅立っていますのでお早めに!
お待ちしております♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇キタムラマサコ/ガラス作家◇

使い終えた壜(びん)を中心に再生利用し、手を加えカタチを変えることで
新たな用途を生み出すモノづくりをしています。
壜の個性的な形状や色、内側にひそむ滲んだような質感をいかしながら、
植物のための器など暮らしに寄り添うモノへと再生させています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2001年、富山ガラス造形研究所 修了
金沢「牧山ガラス工房」を経て
現在は千葉県市川市のアトリエにて制作

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
◆夏庭の葉壜 展◆

201782日(水)~31日(木)
平日11:00-17:00/土日祝11:00-18:00
会期中無休
会場:okeba gallery&shop

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2017年7月29日土曜日

「型ガラスでオブジェを作ろう」ワークショップ レポ☆

本日は、ただ今展示中のガラス作家・大谷佳子さんによる「型ガラスでオブジェを作ろう」ワークショップがmokichi wurst cafeにて開催されました!
午前・午後ともに、満席となり、とても賑やかなワークショップとなりました♪


夏休み中ということもあり、親子やおじいちゃん・おばあちゃんと一緒のご参加も多く、みなさんとても楽しそうにされていました!


まずは大谷さんから、作り方などについてや注意点など、詳しく説明して頂きます!
みなさん、興味津々でした!



そして、いよいよ制作してゆきます!
みなさん、とても素敵ないろいろな図案をお持ちいただいたり、描いたりして、どれも個性豊かな模様でした♪


こんなかわいい図案も!


そして、石膏を彫ってゆきます!


みなさんとても上手で大作になりそうです!!



彫り終わった方から、とてもきれいな色とりどりのガラスを選び、石膏に並べてゆきます。




みなさん、様々な組み合わせで色ガラスを選んでいらっしゃり、仕上がりが楽しみです♪
今日の作業はここまでとなり、この後は大谷さんが焼いてくださり、後日お渡しとなります!
楽しみですね~~!!


ご参加いただきましたみなさま、大谷さん、お疲れさまでした!
ありがとうございました*


大谷佳子さんの個展も残すところ2日間となります!
お見逃しなく!


***************************************************
大谷佳子展 ~ゆらぎ-yuragi-~
2017年7月20日(木)~31日(月)
平日     11:00~17:00
土日祝   11:00~18:00(最終日~15:00)
会期中無休

在廊日  22日(土)、23日(日)、30日(日)
***************************************************
staff村石

2017年7月25日火曜日

陶芸家・山下秀樹さんの「山下秀樹 作陶展」が始まります!

来月8月の展示は、前半が陶芸家・山下秀樹さんの展示となります!


鉄分を含んだ釉薬をかけ、独自の焼成法を用いて窯変で「銀化天目」と呼ばれるいぶし銀の光沢を出すという作風の山下さん。
その釉薬の景色は、まるで夜空のような景色で、ファンの方もとても多い作家さんです。


「銀化天目」の景色は、その時の焼き具合、場所、釉薬のかかり具合などにより全く様子が変わりますので、山下さんのファンの方の中には、必ず展示の初日にいらっしゃり、同じアイテムでもたくさんの中から釉薬の具合を見比べたいという方が何人もいらっしゃるそうです。
キラキラと光りも放つ山下さんの器は、何時間でも見ていられそうな美しさがあります。



また、山下さんの器の特徴は、美しいフォルムにもあります!
柔らかいフォルムのシンプルな器もあれば、写真のようなデザイン性のある、特徴的なものもあり、形もとても見ていて楽しい器が並びます♪

ぜひ、酒器や花器など、涼を楽しむ器たちをご覧ください!
お待ちしております♪




***************************************************
~山下秀樹 作陶展~

2017年8月2日(水)~16日(水)(最終日~16:00)
平日     11:00~17:00
土日祝   11:00~18:00
会期中無休

在廊日  2日(水)、5日(土)、12日(土)、13日(日)
***************************************************
staff村石

2017年7月24日月曜日

キタムラマサコさんの、「夏庭の葉壜」展 開催!

昨年11月に初めて展示を開催して頂き、大変ご好評いただきましたガラス作家・キタムラマサコさんの「夏庭の葉壜」展が、来月8月2日(水)~8月31日(木)まで行われます!


ガラス瓶のパーツを2つ組み合わせ、お花や草を生ける器=「葉壜」にされるキタムラマサコさん。
ベースとなる器の上に漏斗(ロート)のようなガラスが重なり、花留めの役割をしています。

キタムラさんの葉壜に草花を生けると、どこにでもあるような草花が、見違えるようにおしゃれになるのです!ビンにとても繊細な模様が描かれているものがあったり、色も様々で、見ているだけでもうっとりしてしまいます。

今回は前回と季節が変わり、熊澤酒造の敷地内の草花も変わっていますので、生けるお花によって雰囲気ががらりと変わるのではないかと思いますので、その点もとても楽しみです♪
また、きらきらと差し込む光に反射するガラスがとても涼しげに感じる季節となりますので、okebaの入り口がたくさんの葉壜と草花で華やぎ、キラキラと涼しげな様子をお楽しみいただければと思います!




また、同時開催の、陶芸家・山下秀樹さんの一輪挿しも一部のコーナーにてキタムラさんと合同で展示いたします!キタムラさんの陽だまりのような葉壜と、山下さんの夜空のような一輪挿しを同時にご覧いただけるのは、この期間だけです!


ぜひ、お出かけください♪
お待ちしております!
++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇キタムラマサコ/ガラス作家◇
 
使い終えた壜(びん)を中心に再生利用し、手を加えカタチを変えることで
新たな用途を生み出すモノづくりをしています。
壜の個性的な形状や色、内側にひそむ滲んだような質感をいかしながら、
植物のための器など暮らしに寄り添うモノへと再生させています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2001年、富山ガラス造形研究所 修了
金沢「牧山ガラス工房」を経て
現在は千葉県市川市のアトリエにて制作
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++


◆夏庭の葉壜 展◆

201782日(水)~31日(木)

平日11:00-17:00/土日祝11:00-18:00

会期中無休

 

会場:okeba gallery&shop

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石


2017年7月20日木曜日

大谷佳子さん個展「~ゆらぎ~yuragi 」展が始まりました!

本日より、ガラス作家・大谷佳子さんによる、「~ゆらぎ~yuragi 」展が始まりました!
okebaの入り口は、涼しげで色とりどりのガラスでとても華やいでいます♪

大谷さんの制作技法は、パート・ド・ヴェールという、ガラスの粉を練って、耐火石膏や耐火粘土の鋳型の中に詰め、型のまま加熱し、型の中で粉末のガラスを溶かし合わせて型通りの作品を作るという技法。そのため、凹凸を生かした形や模様を描くことができ、光に通した際に浮き上がるガラスの模様は何とも言えない美しさがあります。


その特徴から、電灯などの光を使うものや、建材などに利用されることも多く、窓辺などで光にかざしていただくと本当にきれいなのです。
今回ご用意いただいた、下の枠なども、みなさん外の光にかざしてご覧になっています。
 
 また、今回下の写真のようなとても大きな作品もいくつかお持ちいただき、とても見ごたえのある展示となっています!

下の写真は、今回の新作の花器になります。
窓辺に展示してあるのですが、時間によって光の当たり方が違うと、表情もとても変化があり、光や植物の陰で、ゆらぎが本当にきれいです!まさに「ゆらぎ」展ですね♪


その他、大きな作品のほかにも、香水入れやお皿、帯留め等々たくさんの作品をお持ちいただいています!




ぜひぜひ、涼しげなガラスの展示をご覧いただきながら涼んでいただけたらと思います♪
お待ちしております!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

会期中、型ガラスのオブジェを作るWSも開催されます。
「型ガラスでオブジェをつくろう」

日時/7月29日(土) ①11:00~満席となりました ②14:00~満席となりました
場所/mokichi wurst cafe
料金/3,500円
詳細/http://okeba-g-s.blogspot.jp/2017/07/blog-post_6.html

空席あと僅かです。
詳しくはokebaまでお問い合わせください。

***************************************************
大谷佳子展 ~ゆらぎ-yuragi-~
2017年7月20日(木)~31日(月)
平日     11:00~17:00
土日祝   11:00~18:00(最終日~15:00)
会期中無休

在廊日  22日(土)、23日(日)、30日(日)
***************************************************
staff村石