2017年10月5日木曜日

食の未来を考える 食の未来アカデミア開講

 

食の未来アカデミアをご存知ですか?



種子法や遺伝子組み換え、農薬まみれの作物、食について自らが考え、選択していくことが要求される昨今、情報が混迷する中で、食について確かな知識が必要とされています。


「食」と一言で言っても、個人の栄養源から、地域のコミュニティ、社会、国、「食」のまわりには、ありとあらゆるテーマが複雑に絡み合っています。

錯綜する「食」の世界で新たなイノベーションを起こし、社会や未来をより良いものにしていくための学びの場が、「食の未来アカデミア」です。



こちらの学校は三つのラボからなるゼミ形式のようですが、(詳しくはHPをご覧ください)このラボの中の一つ、 入川ひでとさん(株式会社ダブリューズカンパニー取締役会長)のラボのゲストスピーカーに、熊澤酒造社長 熊澤茂吉さんと暮らしの教室などで熊澤酒造ともご縁の深い原大祐さんが講師として招かれました。

入川ひでとさん


熊澤茂吉社長は廃業寸前だった熊澤酒造の改造計画の全貌をお話ししてくれることでしょう。
原さんは、地元大磯で農園や大磯市を開いたり、これまでの食を地域のコミュニティに密着させるノウハウをご披露いただけることでしょう。



いずれにしろ、自然農をはじめる「食」、今この機会に学べることは大変ありがたいことではないでしょうか。

「一人ひとりの想いやアイディアから食の未来が生み出される、そんな拠点になることを目指しています。」

と概要にあるように、未来をつくる私たちの拠点があることはよい未来へと近づく一歩になりそうです。



ご興味のある方はHPまたはFace Bookをご覧になってください→




 
Face Book→ 
 







0 件のコメント:

コメントを投稿