2019年10月15日火曜日

mar worksさんの「 秋のお出かけ展」が始まります!

10月17日(木)からは、常設作家の靴の作家さん・mar worksさんの個展が始まります!

2・3年に一度のmar worksさんの個展。
今回は、「秋のおでかけ」というテーマの下、この時期にお出かけしたくなるようなアイテムを、靴だけでなくトータルに制作してくださいいました。


美味しいもの探しや、冬のコート探し。この季節は楽しいことがいっぱいでワクワクしますね。
そんなワクワクに彩を添える、「秋のお出かけ」にほしいものを作って下さいました。
mar worksさんが一目惚れしてしまったジプシースカートをヒントに、ブーツ・バッグ・ムートンマフラー・キーホルダー・ブローチなど、楽しく作ることを心がけて作ったものがいっぱいです。


もちろん、mar worksさんの素敵な靴たちも並びます!
上の写真手前のブーツとしたしたの写真のストラップシューズの2パターンの展開です。

 
シューズはどれも、お色味が選べてお好きなアンティークビーズをあしらうことが出来る、セミオーダーです!あなたのお好みに合わせた、手作りの靴がお手元に届きます♪
 
 

また、常設ではご覧いただくことが出来ないアイテムたちもとても楽しみです!
バッグも普段のデザインとはまた違いますし、ブローチやキーホルダーなどの小物も気になります♪


最後に、今回の展示では、mar worksさんの作品とともに、子どもたちの絵を展示いたします。


高等特別支援学校を卒業した、軽度知的障害を持つ彼らに、
自分の好きな絵を描き続けてほしいと願って活動している方たちがいらっしゃいます。
彼らの絵にはパワーがあり、自由さもあります。
応援したい気持ちで、この度mar worksの個展と一緒に飾ってもらうこととなりました。




ぜひぜひ、素敵な展示になること間違いなしですので、会期中ご来店ください!
お待ちしております✦



*********************************
mar works『秋のお出かけ』展

2019.10.17 THU~10.31 THU
okeba gallery&shop
.
【okeba gallery&shop】
weekday 11:00〜17:00
weekend 11:00〜18:00
茅ヶ崎市香川7-10-7熊澤酒造敷地内
TEL/0467-50-0252
MAIL/okeba@kumazawa.jp
HP/http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/
*********************************

staff 村石(わ)

2019年10月11日金曜日

Pumさん(キャンドル)の展示がはじまります

 
「Winter is coming!」
 
 
 20191017日(木)~1031日(木)
 
 
冬がやってくる!
 
暑いあつい夏が過ぎて、いつの間にか
 
冬と目があった。
 
お供はPumのキャンドルでいかがでしょう。
 
 

デザイナー、元明加織さん・山田梨恵さんによるキャンドルブランド、Pumさんの展示が始まります。
 
暑い夏が過ぎ、そろそろ涼しい季節になりかかる頃。真冬のキャンドルも清閑な佇まいですが、秋のキャンドルはほのかな明るさと温かみが木枯らしを和らげてくれそうです。
 
 
 
Pumさんのキャンドルは、まるで石のようなものやお菓子のような、可愛らしくて見た目もほっこり暖かくなるものばかり。けれどその中に洗練された自然美や調和が感じられて、窓辺にしっとりと収まりそうな、気品も漂っています。
 


Pumについて
デザイナー元明加織・山田梨恵によるキャンドルブランド。
“パム”は心臓の鼓動の音です。
 
●作品づくり
キャンドルやキャンドル素材のオブジェを制作しています。
形のデザインからタグ付けまでひとつひとつ手作業で行っています。
自然の造形から受けたインスピレーションを、
テクスチャやフォルムを通して表現するよう意識しています
 
●展示のテーマ
暑いあつい夏が終わってやっと秋、そして冬がやって来ます。
そんな季節に初めてokebaさんで展示させていただくことになりました。
初めましての想いを込めて、定番の「手のひらカラフルキャンドル」から
1月にお披露目した新作の「枝キャンドル」まで並べさせていただきます。
触ったり、嗅いだり、眺めたり…!
ぜひ、この冬のお供を見つけにいらしてください。
 
 
●作品の説明
・手のひらカラフルキャンドル
様々な形、色の手のひらキャンドル。
ぜひ、ピピッときた色や形のものを組み合わせてみてください。
色の世界が広がります。
 
・ケーキキャンドル
6種類のユニークな形のケーキキャンドル。
特別な日にお気に入りのケーキとご一緒に。
 
・ストーンキャンドル/オブジェ
石をモチーフにしたキャンドルとオブジェ。
木芯の少しワイルドな炎も楽しめます。
勿忘草の優しい香りに癒されます。

 

 
---------------------------------------------------------
2019.10.17-31(無休)
weekday11:00~17:00
weekend11:00~18:00
 
About Pum
デザイナー 元明香織・山田梨恵によるキャンドルブランド
 
----------------------------------------------------------
村石(え)


 
 
 
 
 
 

2019年10月1日火曜日

10/5より『BEER BEAR FAIR』 開催します!


熊澤酒造のオクトーバーフェスト(10/12~14開催)に合わせたビールと熊(熊澤酒造なので)のフェアを開催します。

今回は、okebaスタッフでもあるノグチナミとユカワノリコのユニット「まるなのこけし」と、草木染め(ニチョウギエリ)金工(コスギマユ)のユニット「tanetane工房」さんと、okeba常設作家でTシャツに直接描くBEER Tシャツが人気のノグチナミさんのフェアになります。
.
まずまるなのこけしのご紹介です。


紙粘土で一つ一つ形作られたこけしたち。衣装は、アジアやインドの民族衣装や古い織物などを纏っています。表情はノグチナミさんが一人一人顔入れしているので、一人として同じものはありません。
なんとも言えない困り顔の表情がたまりませんね。大きさも4~5cmと小さくひょっこりお部屋に飾れる可愛いサイズです。


こちらは、tanetane工房さんの草木染めの布を使ったコラボこけしです。
今回は、熊澤酒造のビールをイメージして、オリジナルビアグラスに、定番の3種類のビールをのっけたこけしが登場します。
グラスに描かれている烏帽子岩のロゴも全て手描きです。

ビールの説明↓↓↓↓↓↓↓↓

「シュバルツ」
黒ビール。ローストした麦芽の風味が香ります。

「ピルスナー」
黄色が鮮やか。軽やかな味で、のどごし爽やかです。

「アルト」
赤い色で、モルトの甘みとホップ苦味のバランスが絶妙です。


このようにペアでカンパーイなんていかがでしょうか??
今回okebaでの展示は初!その場所場所に合わせて登場する限定こけしたちが並びます。
是非お楽しみに♪


お次は、okebaでも以前個展を開催して頂いて、大人気だったtanetane工房さん。


優しい色あいの草木染めや可愛いモチーフの金工のアクセサリーなど、ひとつひとつの手仕事がとても丁寧で、それでいて自然を感じる気持ちの良い世界観はお二人そのもの。



自然と対話しながらのお二人の暮らしから生まれる作品の数々は、毎回楽しみでたまりません。
今回、ビールと熊をモチーフにした作品が並びます。可愛い写真が沢山届いて今からワクワクマです!また今までにはないtanetaneワールドがみられそうですね♫


是非会場で実際にお手に取って丁寧で可愛い手仕事を感じて下さい。



最後は、ノグチナミさん。




こちらのビールTシャツは、なんと!直接Tシャツに手描きで描かれています。
実際に見ていただくとわかるのですが、プリントでは表現できない深みのる色あいで表現されているので、ビールがとても美味しそうです。ビール好きな方へのプレゼントにもおすすめです!
そして、今回新しく熊澤酒造の湘南ビールをモチーフにしたステンシルを使った新作Tシャツやトートバックも並びます。


こちらも、このフェアに合わせて、切り絵の型(ステンシル)でひとつひとつ色をのせていった版画のような風合いのポストカードです。一枚一枚味わいがありますね。


そして、昨年もオクトーバフェストで人気だった手描きの布BEERバッチも登場します!
一つ一つ手づくりの味わいを実際に見て頂きたいです。
ビール好きな方へビールと一緒にプレゼントも良いですね。

この他にも、いろいろなビールと熊のアイテムが並びます。
ビール好きはもちろん!熊好きのかたも是非見逃せない展示となっております。
是非この機会に、皆様のお越しをお待ちしております。

*********************************
『BEER BEAR FAIR』
2019.10.5 SAT~10.14 MON
okeba gallery&shop
.
【okeba gallery&shop】
weekday 11:00〜17:00
weekend 11:00〜18:00
茅ヶ崎市香川7-10-7熊澤酒造敷地内
TEL/0467-50-0252
MAIL/okeba@kumazawa.jp
HP/http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/
*********************************

---------------------------------------------------------------------

湯川

2019年9月25日水曜日

陶芸家・伊東正明さんの「Happy Dining !」展が始まります!


okebaで毎年10月に恒例の、伊東正明さんの個展が今年も始まります!
今回のテーマは「Happy Dining !」。
小田原の静閑亭さんなど、趣の深い展示場所での展示などが多く、和食のイメージも強い伊東さんですが、okebaでは和食は勿論、洋食でもとてもお料理を引き立ててくれる伊東さんの器たちをイメージして頂こうと、少しスタイリッシュなテーマに取り組みました。


伊東正明さんの器と言えば、みかんの灰を釉薬にした、白とガラス質の水色の淡い表情が代表的です。伊藤さんの器の表情は、よくよく見ないと見えてこない部分もあり、そうした奥ゆかしさが器に深みを感じるのですが、その前に出すぎない表情こそ、お料理を邪魔しない器の良いところでもあります。

熊澤酒造では、和食懐石の天青でも採用させていただいていますし、和食のお料理は勿論とてもよく引き立ててくれるのですが、上の写真のお皿でしたら、例えばスパゲッティーやハンバーグ、サラダなど、洋食にもとても合う器です。

今回の展示では、和食がメインの方でも、洋食がメインの方でも、若い方からご年配の方まで、幅広くお使いいただけることをお伝えして行きたいと考えていますので、手に取りやすい、普段使いのアイテムがたくさん並びます!


また、先ほどのご説明のみかん灰の代表的な「氷雪」シリーズに加え、黒く焦げたような、シックな表情の「アフリカ」シリーズに、今回力を入れて頂きました!
上の写真は、「氷雪」と「アフリカ」をかけ分けた、モダンなデザイン。


マグカップなども、2つの表情がお楽しみ頂けるデザインをお願い致しました。

今までの展示では、アフリカシリーズは数が少なかったので、早いうちに売り切れてしまうものが多かったのですが、今回の展示は数やデザインもたくさんご用意いただいています。

ぜひぜひ、季節が移ろい、温かい飲み物やお料理が恋しくなるこの季節に合わせる素敵なアイテムの数々をご覧ください!



伊東正明さんより展示に向けて‥

今回のタイトル"Happy dining!"は、日本語に訳すると「幸福な食卓」となるでしょうか。
実はこの幸福な食卓というテーマは、私がずっと心中に掲げているテーマです。
ここで言う「幸福な」というのはテレビCMや雑誌に登場するような「いかにも幸せそうな家族風景」というものではありません。
家族でも、夫婦でも、友人同士でも、そしてたとえ一人でも、「幸福な食卓」は作られると思っています。

その昔、私が就職したてで独身だった頃、給料日に必ず実行するご褒美がありました。
会社からの帰り道にめったに行かない魚屋に寄り、ちょっといい酒のあてを買い込んでアパートに帰り、そいつをお気に入りの小皿にちょこっと盛り付けて、一杯。

どうですか、これって幸福な食卓でしょう。

 どんな人にも幸福な食卓の楽しみは作られるものです。
そんな皆さんの食卓の傍らに、私の作った器がお供できたらいいな、そんな気持ちで今回の作品展に臨んでいます。

陶作家 伊東正明
 
 
ご来店、お待ちしております!
 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
伊東正明 陶展
『Happy Dining !』
 2019年10月2日(水)~14日(月) 会期中無休
平日11:00~17:00 / 土日祝日11:00~18:00
 
okeba gallery & shop
TEL/0467-50-0252
営業時間/平日11:00~17:00
土日祝11:00~18:00
定休日/3火曜日
詳しくはHPをご確認ください。
http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石(わ)
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 








2019年9月16日月曜日

CULTHATさんの帽子展が始まります。


今回はずっとご紹介したいとひそかに思っていた作家さんの展示をご案内します。
「CULTHAT」は帽子作家、イシイアキさんの個人ブランドとして活動されています。

 

アキさんの帽子は一見奇抜そうで、被り辛い・・と思われてしまうかもしれませんが、被ってみると不思議なことに、顔色を明るく見せてくれたり、地味目なお洋服をおしゃれに見せてくれたり、普段あまり帽子を被らないような方にこそお試しいただきたい帽子です。

 
culthatさんからメッセージが届いています♪
 
 静岡市で帽子をつくっているculthat(カルトハット)です
"color" というタイトルで少しカラフルな明るい色味を使いました
様々な素材、形の帽子があります
見てくださる方々に少しでも、はっ、、、とする心に残る帽子となれれば
幸いです
 
在廊の日には布で仕立てたセミオーダーベレーのオーダーも受付けております
在廊日18.22.23.28.29
 
どうぞ遊びにいらしてくださいね
--------------------------------------------------------------------------------------------

CULTHAT  exhibition

“color”

2019.9.18(水)~30(月)
weekday 11:00-17:00/weekend 11:00-18:00

作家在廊日 18.22.23.28.29日

culthat 静岡在住 帽子作家
http://culthat.com/
https://www.imstagram.com/culthat/

--------------------------------------------------------------------------------------------

村石(え)







2019年9月5日木曜日

特別教室第89回 暮らしの教室

 

宮治淳一の茅ケ崎名盤アワー


10月19日(土)に開かれるトークイベントのお知らせです。今回の暮らしの教室特別教室は、茅ケ崎好き、音楽好きならこの方を知らずにいたらその肩書は掲げられるのかというほどの、地元から愛される音楽評論家であり、カフェ「ブランディン」を奥様と営む、ワーナーミュージック・ジャパンで洋楽編成を担当してきた、宮治淳一さんのお話しです。
 
 
宮治さんは先ほどもご説明した通り、知る人ぞ知る、音楽界のトップランナーですが、
熊澤酒造では毎年「ドングリ市」に出店していただいたり、地元茅ケ崎で音楽資料館/カフェ「ブランディン」を奥様と経営されていることから、茅ケ崎で身近な、深い関りがある方です。身近に接してくださる宮治さんですが、宮治さんの経歴などをお尋ねすると、「プロデューサーというより音楽好き世界一?」と、周囲の方に言われてしまうほど。音楽好きが高じてあらゆる肩書をお持ちで、こういう人です。と一言では語れない状況になっているのですね。
 

暮らしの教室ではお馴染みの現象ですが、ここまで身近な存在でありながら、ここまで大物、という方の灯台下暗しなトークショー。

そんな宮治さんのお話しを聴けるということは、知らなかった宮治さんの一面を紐解く…ということになりそうです。

茅ケ崎でカフェを始められたのは、アメリカからの影響で、パブリックな音楽カフェが街にあったら、
ということだったようです。

しかし何故茅ケ崎で有名な音楽やアーティストが生まれるのだろう?音楽史が生まれるのか?その疑問をカタチにしたのが、映画「茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~」でした。

街と音楽を結びつける、音楽がなぜその土地で育まれ、生まれたかという観点から言えば、 アメリカのナッシュヴィル、ニューオリンズ、メンフィス、シカゴ、マッスル・ショールズ、イギリスではリヴァプール、マンチェスターなどを思い浮かべる方も多いでしょう。それらの土地で音楽が生まれた理由は異なるのかもしれませんが、何かエネルギーが充満して漏れ出てしまった印象があります。

そのエネルギーを「地力」(ちりょく)として分析する宮治さんのお話し。茅ケ崎の「地力」を音楽の視点から徹底分析します。

 
 
 
 
映画「茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~」をご覧になってからお話しを聴かれると、より深く内容に入れること請け合いです。(*強制ではありません)
 
その他著作なども出されているので、あらゆる方面から踏み込んで臨んでいかれるとよいかもしれません。
 
いずれにしても楽しみなトークショーです!
 
-----------------------------------------------------------------------------------------
 
宮治淳一(みやじじゅんいち)
 
1955年神奈川県茅ケ崎市に生まれる。小学生時代にビートルズ、ヴェンチャーズなど英米のロックンロールにはまり以後音楽を志す。1975年地元で音楽サークル「湘南ロックンロール・センター」をつくりアマチュア・ロック・コンサートを定期的に主催する。1976年中学校時代の同級生桑田佳祐のニュー・バンドにサザン・オールスターズという名をつける。1979年ディスコメイト・レコードに入社、パイオニアLDCを経て1995年からワーナーミュージック・ジャパンで洋楽編成を担当、エンヤ、マドンナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなどの新譜のマーケティング他、膨大なカタログの復刻に魂をそそぐ。2010年同社退社後も世の洋楽ファンのためにカタログ商品の編成、ラジオでのDJ、選曲を手がける。アナログ、特にシングル盤に目がなく1999年自宅を改造、週末だけ音楽資料館/カフェ「ブランディン」として収集した膨大なレコード、音楽書籍を一般に開放している。信条は「レコードはかけなきゃ音が出ない」。ここ数年は茅ヶ崎と音楽との不思議な関係を研究する毎日を送っている。茅ヶ崎市在住。
著書に『茅ケ崎音楽物語』(ポプラ社)。
 
-----------------------------------------------------------
 
 
暮らしの教室 特別教室89

『 宮治淳一の茅ケ崎名盤アワー』
 
開催日2019年10月19日(土)予約制

時 間受付 15:00~ 講座 15:00~17:00  懇親会17:00~18:00(ワンドリンクオーダー制)
 
会 場mokichi wurst café 地下1同敷地内神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7 熊澤酒造敷地内
 
講師:宮治 淳一 (みやじ じゅんいち)
 
参加費:1,500
 
定 員:30 定員に達し次第締切らせていただきます。
 
参加申し込み:okeba gallery&shop まで

 

--------------------------------------------------------------------
 
村石(え)