2014年2月24日月曜日

暮らしの教室☆summit co.Ltd ギャラリートークレポ

2月20日より開催しているsummit co.Ltd 「遊牧民の手仕事 キリム&ギャベ」展ですが、連日沢山のお客様にご来店いただいております。ありがとうございます。

本日は、22日(土)に開催された暮らしの教室 summit co.Ltd ギャラリートークのレポートです。


今回は、ギャベを敷いて、その暖かさも体験していただきながら、トークショーを開催していただきました。


summit co.Ltdの木下さんが、写真などを交えて、遊牧民族の暮らしや、キリムやギャベができるまでなどいろいろとお話していただきました。
ギャベは、遊牧民の女性たちが文様や動物、花などをモチーフに手織りで仕上げて生きます。その色も自然の草木から染められたもので、とても鮮やかで美しいです。
青や赤、黄色や茶色、緑など5色の色を織り込み絵画のように仕上げていきます。

キリムは、縦糸と横糸を交差させて織り上げて行きます。
羊の毛の色違いうぃ縞模様に織ったり、草木染したものを混ぜたり、他にも絹、ラクダ、コットンなども素材として使われるそうです。


こちらの不思議なかたちのものは、塩を入れる袋などに使われているそうです。
かたちが可愛くって、模様も手が込んでいてオシャレですが、このカタチは、羊などが塩を欲しがっても、顔がすべて袋に入らないようなかたち作られています。
それにしても可愛いかたちです。飾っておいても、中に綿をいれてクッションのように使っても素敵ですね。


最後に参加者の皆様には、イランのガラス職人の拭きガラスをお持ち帰りいただきました。
どれも手作りの味があるグラスです。

参加された皆様はとても興味津々でお話を聞いておられました。
また、次の日にコメントを寄せて下さったお客様もいらっしゃいました。ありがとうございます。

こちらの展示会は、3月4日まで開催中です♪

皆様のお越しをお待ちしております。

********************************
「遊牧民の手仕事 キリム&ギャベいろいろ」

会期:2 月20 日(木) ~ 3 月4 日(火)
平日11:00-17:00、土日祝11:00-18:00 
最終日‐17:00まで

【profile】
summit  co.Ltd http://www.purecolors-summit.com/
最近、身近にふれることの多くなった、ギャベやキリム。実際はどんな人たちが作っているのでしょう。そして、どんなふうに。 弊社が現地からの輸入、販売を始めてから20年、私達の暮らしに無理なく溶け込み、使い続けていくうちに、ますます「我が家の1枚」に育っていくギャベやキリムの魅力・ケアの方法についても お伝えしたいと思います。
********************************

次回のギャラリートークは、3月22日「CycleBoy ギャラリートーク」です!
今年公開の映画 「魔女の宅急便」の自転車を手がけたCycleBoyさん。スライドで写真と絵コンテなどをお見せしながら自転車が出来るまでのエピソードなどをお話いただきます。

是非お楽しみに★
詳細はこちら

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 staff 湯川

0 件のコメント:

コメントを投稿