2022年1月15日土曜日

nim「春をまってる展」が始まります。

 



nim

「春をまってる展」

2022.01.19 wed. - 01.31 mon.




1月後半は、革物作家nimさんの展示を開催します。

nimさんは辻堂ひょうきんやまにアトリエを構えており、「持って使って心地いい」をモットーに、主に革を用いて制作されています。

お取り扱いさせて頂いているのは革バッグやポーチやブローチ、ペンケース、カードケースなどの革小物。

自由な線で描くステッチや動物モチーフが特徴的です。



今回の展示「春をまってる展」では、定番作品の他に新しいデザインを、いつもと違う挑戦を加えながら

革、布を素材に、アクリル顔料、ペンキ、ステッチ等を画材にして、

見てくださる方が楽しい気持ちになれる様、イメージしながら作ってくださいました。

春を想いながら、バッグやお財布、革小物などをご用意していただいています。

nimさんが描く自由な色、線や柄は、明るく楽しく、人を楽しませてくれます。




帆布&革で作られた、バッグ全体に白やグレーのペイントを施したペイント帆布シリーズは、

奥行きのあるテクスチャのような表情がかっこよく、あたたかみもあり男女問わずお楽しみいただけます。

このシリーズの新作も初めてお目見えします。




また今回は「かっこいい」表現もプラスして、メンズの方も楽しめるレザーアイテムを

ご用意していただきます。

可愛さだけでなく、永く使えるシンプルさ、軽くて丈夫な形、様々な使い方が楽しめるなど、常に使い手の事を考え研究されて作られています。

丁寧な仕事に驚かされるバッグは見どころです。nim色に染められた革作品は、使うほどに愛着が湧き自分だけのお気に入りになるはずです。



個展ならではの作品たちもございます。

常設にはガマグチのコインケース等のお取り扱いはありますが、長財布は展示期間のみの販売となります。

革は使っていくうちにどんどんと色や形が馴染んでいき、その人だけのお財布へと変化していくところも特徴です。

今回はどんな素敵なデザインがやってくるのでしょうか。



春を迎えにおでかけしたくなる。

そんな明るいnimさんの世界を、ぜひお楽しみください。




++++++++++++++++++++++++++++++ 


nim

「春をまってる展」


2022年 1月19日(水)₋31日(月)

会期中無休


11:00-17:00

*最終日:16時まで


Instagram

@nimbag


+++++++++++++++++++++++++++++++


staff:澤村

2021年12月25日土曜日

At Home Works Ayako Hayashi Exhibition 2022

 2022年、初の展示はAt Home Worksさんとなります。



丁度2年前の展示では、女性でも手に取りやすい可愛らしい形、カラーのアイテムも多くありました。

今回はここ2年程で変化した釉薬をはじめとする作品の新たなデザインや作風を、釉薬の色ごとにコーナーを分けて展開し、

前回とはまた違うAt Home Worksさんの側面を打ち出していただきます。





また、熊澤酒造での展示ならではという点の1つとして、酒器をたくさんご用意いただきます。

前回も、酒器が大変人気でしたので、今回のAt Home Worksさんの酒器のラインナップも見どころです。




お洒落でありながら、普段使いにも使用できる素敵なうつわ。

毎日がちょっと楽しくなる。気持ちが動くこと。

そういうコンセプトを元に作品を作られています。






At Home Worksから、コメントを頂いております。


*


2年ぶりの

熊澤酒造okeba galleryでの個展です。


新年ということもあり、

熊澤酒造の銘酒を求めていらっしゃる

お酒好きなお客様にみて頂けますよう、

酒器を多めにご用意いたします。



AtHomeWorksの作品は全て手作りです。

自然なゆらぎや撓み、指あとや釉薬がつくる表情は一点一点違います。


朝の空気のような凛とした白「朝」

毎日の見え方が違うような青「海」

深さと浅さのニュアンスのある緑「森」

ブルーグレーの「凪」は

風や波が鎮まるように

心穏やかな日々を過ごせますように

とのおもいを込めました。

穏やかで柔らかな、

それでいて凛とした佇まいのお色となっています。



それぞれの色を楽しんで頂けたら

嬉しいです。



*


At Home Worksの描く、自然を取り込んだうつわたちの展示。

どのような雰囲気となるのか、今からとても楽しみです。

+++++++++++++++++++++++++++++++

At Home Works
Ayako Hayashi Exhibition 2022

2022.01.05 - 01.17
11:00-17:00

+++++++++++++++++++++++++++++++
staff澤村

2021年11月29日月曜日

白倉えみさん・祥充さん「冬あかり」

 「冬あかり」

白倉えみ(陶器)・白倉祥充(木材、陶などを使ったオブジェ)




今年もこの季節が訪れています。12月定番の淑やかで温もりの灯る時間。
白倉えみさん・祥充さんの展示が始まります。期間は12月3日~25日まで。


ほんわかするDMからもその雰囲気が伝わってきますが、作品もなんともいえない柔らかさをもち、命への眼差しが冬の日向のように差し込みます。




旦那さんの祥充さんの作品も、毎年進化をし続け、ただかわいいだけでは終わらないお持ちのセンスと独特の空気感で見る人をほっこりさせてくれます。



今回は迫力ある作品も

普段の白倉えみさんの常設の作品に加えて、この時でしか出会えない作品もお楽しみに。




祥充さんはこの時だけの作品になります。1点ものなのでお早めに。



12月の空気と共に静かな聖夜に想いを馳せて


ちょっとお正月っぽい狛犬さんたちも。大人気の子達です


--------------------------------------------------------
「冬あかり」
2021.12.3~25 会期中無休
(最終日16時まで)

KURAKURA storehouse

白倉えみ 白倉祥充 土のもの 木のもの

Blog kurakurastore.jugem.jp
instagram @kurakura_storehouse

--------------------------------------------------------

村石


2021年11月28日日曜日

horieee(ホリー) ×PiENiKöTA (ピエニコタ)2人展 「さがす みつける」展が始まります!


  毎年恒例の白倉さんのクリスマス展と同時開催の展示イベントとして、今年は天然石と刺繍のアクセサリーをご制作されているhorieee(ホリー)さんと、古道具店pienikota(ピエニコタ)さんの展示を開催いたします。



 ホリーさんの、シンプルで色のない中に個性がきらりと光るハイセンスなアクセサリーと、ピエニコタさんのシャビーシックな中にお菓子屋さんながらの暖かさを感じる古道具。



 この2つのハイセンスなアイテムを融合したスペシャルな展示となります。きっと、ワクワクする空間に、ギュッと心を掴まれる可愛らしいアイテムを見つけることができるはずです。

よく展示をされているお二人は、いつもどこかに「find」=探す・見つけるというテーマがあり、宝探しをするような気持で展示を楽しんでいただけたらという思いがあるそうです。


天然石や布をあしらったの大人キュートなアクセサリーとハイセンスな古道具という、胸を掴まれること間違いなしのアイテムがこの期間だけお楽しみいただけますので、必見です♪








++++++++++++++++++++++

どこかにひそんでいるあれやこれ

さがして、みつける

天然石・刺繍のアクセサリーのhorieee

古道具のPiENiKöTA の展示会です

宝探しにいらしてください

+++++++++++++++++++++++++

こんなメッセージをお二人から頂いています✤

ぜひぜひ、冬の宝探しに遊びにいらしてください♪


===============

horieee × PiENiKöTA 2人展

「さがす みつける」

2021.12.3 fri. - 12.25 sat.

11:00-17:00(最終日16:00まで)

================

staff 佐々木


2021年11月15日月曜日

11月17日(水)-11月30日(火)木と羊毛と 「Wood&Wool」遠藤マサヒロ/Zooz


 


 

木と羊毛と「Wood&Wool

2021.11.17wed-11.30tue

遠藤マサヒロ(木工)/ Zooz(羊毛フェルト)

 

木の質感と羊の質感

いつもの暮らしに

あたたかなやわらかさを添えてくれる

そんな作品を準備してみなさまをお待ちしております

 

11月後半の展示は、木工作家の遠藤マサヒロさんと羊毛作家のZoozさん。

毎年展示をして頂いている常設作家の遠藤マサヒロさんとご一緒して下さるのは、羊毛フェルトで作品を作るZoozさん。

Zoozさんから作品の雰囲気を感じさせる言葉が届きました。

 「針でちくちく羊毛を刺し固めるフェルトと、石鹸水でごしごし縮絨してつくったフェルト。いろんな手法を使い分け羊毛で動物を作っています。

 ねこのキーホルダーや、くまのキーケース、カンガルーのお手紙入れに白鳥のブローチ。

 生活の中に寄り添うほっとできるような動物たち。 はじめての神奈川では、今までの展示の中で好評いただいている動物たちを集めてみました。

お気に入りの子に出会えるきっかけになれたらうれしいです。Zooz


暮らしにあたたかでかわいらしい、でもどこかスタイリッシュな感覚を添えてくれる作品たちです。




お二人は10年以上のお付き合いで、久しぶりにご一緒の展示ということ大変楽しみにして制作してくださいました。

思わず笑顔になってしまう様な羊毛の作品と、シャープでモダンな木のプロダクトはどんなコラボレーションを見せてくれるのか、楽しみです。

 




お互いに北欧が大好きということで、作品にどこかそんなテイストが感じられるかもしれません。





 遠藤さんはokebaでお馴染みのですが、展示会では常設にはないようなドームセット、一輪挿しなど、いつもと少し趣向の違う作品をいつも作ってくださるのでそちらも楽しみです。

 

今年は家で過ごす時間が多かったですが、ますます家時間が増えるこれからの季節に向けてクリスマスやお正月…楽しいひとときにお役に立てるものを。という想いで制作していただきました。

 


もちろん定番のカッティングボードや、コーヒーフィルターのホルダー、マグネットで付く花器やフォトフレームなどもご用意します。



 木の質感や特性をミニマムで洗練されたデザインに落とし込んで、お洒落にかっこよく決めているので、生活の質や感覚に一陣の風を吹き込んでくれるはずです。


あると笑顔になれたり、気分があがる。

そんなアイテムをご用意してお待ちしています。

是非お楽しみに。


___________________________________

木と羊毛と
Wood&Wool

20211117日(水)-1130日(火)
11:00 - 17:00 最終日16時まで

遠藤マサヒロ(木工)
http://endomasahiro.com/
Instagram @ atelier_turn

Zooz (羊毛フェルト)
https://xn--atelierzooz-0h3yv58p.com/
Instagram @ atelierzooz
___________________________________

 

2021年10月31日日曜日

2021年11月3日(水・祝)- 11月15日(月) gunung 個展


11月3日(水・祝)よりアップサイクルクラフト作家 gunungさんのフェアを初開催いたします。

タイヤ、チューブなど、本来捨てられてしまう廃部品を素材として見つめ直し、新たな価値を産み出す、アップサイクルなものづくりを目指している「gunung」


タイヤのチューブ、消防ホース、使われなくなった建材など、廃材をメインに様々な素材をデザインの力で蘇らせて魅力的なアイテムに生まれ変わらせています。




熊澤酒造の湘南ビールの材料として使用しているモルトをいれる袋を使い、オリジナルエコバッグを作っていますがこちらもgunungの作品です。

ひとつひとつ丁寧にミシンで仕上げてくださっています。

オンラインショップはこちら



カラフルなバリエーションを揃えたブックカバー、カップスリーブ、チューブを使ったキーホルダーやリップホルダーなど、実用とデザイン性を兼ね備えた生活に「小気味よさ」を加える定番品をたくさんご用意して下さる予定です。

また昨年好評だったウールのマフラーも展開します。


gunungさんの「もったいない」は、使わない素材を何とか使うというものではなく、

こんなに面白い素材を使わないなんて「もったいない」という意味に違いありません。


今年はどんな素材を使って、どんな作品をお持ち頂けるのでしょうか。

ぜひお楽しみに。



 

___________________________________


gunung 個展


2021年11月3日(水・祝)- 11月15日(月)

11:00 - 17:00 最終日16時まで


___________________________________