2021年7月9日金曜日

2021 年 7月17日(土) - 8月1日(日) ミッシェル/コナヤ「オケバのふたり展」


ミッシェル/コナヤ「オケバのふたり展」が開催されます。


2021 年 7月17日(土) - 8月1日(日)


主に真鍮をつかってカナモノをつくるコナヤさんと、たっぷりの布と端切れをつかってチクチクと縫い物で表現するミッシェルさん。 

二人の呼吸で製作される不思議なモノたちが、okebaにやってきます。

コナヤさんはピアスやブローチなどのアクセサリーやオブジェ、スプーンなどを、ミッシェルさんはお洋服や大きな布物など、そして「オケバの二人展」ということでコラボの小物もご用意くださいます。


自分のつくりたい作品を作り、お互いにできた作品パーツを送り合う。

その作品に合わせて自由勝手に作り足して作る。

それがミッシェルさんとコナヤさんのコラボのスタイルです。



制作過程もそれぞれのInstagramの投稿から拝見させていただきましたが、お互いの作るものに驚き、感動しあい、そして自由に楽しく制作されているのが印象的でした。

言葉を発しなくても心が通じ合っているような気がします。

お二人の想いを乗せた作品の写真が届きました。どの作品も生き生きと命が宿っているようです。


コナヤさんのちいさな額にちいさいバッチを入れたもの


コナヤさんのちいさな鈴に細い紐を通したもの


チョッキ。服を展示販売するのは初めてのチャレンジ。



久しぶりの展示という事で色んな想いがある中で、制作してくださったミッシェルさんは、作り出すと夢中になった!とおっしゃられていたほど全力で制作してくださいました。

コナヤさんは、オケバの広い空間を活かし、吊り下げて飾れる作品をご用意して彩ってくれそうです。「必死で制作していて自分でもどうなるかわからない楽しみがある!」と緊張感の中で、自分自身と向き合いながら表現してくださいました。

全力で完走した後に、お二人でビールを飲むことを楽しみに、最後まで作品つくりに没頭してくださっています。

てづくりのいとおしさを感じられる作品が並ぶ楽しい世界を、じっくりと味わってみてください。


___________________________________

ミッシェル[ヌノモノ]コナヤ[カナモノ]

オケバのふたり展

2021 年 7月17日(土) - 8月1日(日)

11:00~17:00 ※定休日20日(火) ※最終日16:00まで

Instagram:@56_michel

Instagram:@konaya578

okeba gallery&shop

〒253-0082 神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7   

電車:JR相模線香川駅より徒歩7分 車:新湘南バイパス茅ヶ崎中央ICより3分 

駐車場有

___________________________________

staff: watanabe

2021年6月26日土曜日

7月3日(土) - 14 日(水)詫摩まり ガラス展 -Glass worksexhibition2021- 

 


73日より、ガラス作家・詫摩まりさんの個展が始まります!

 

Okebaでは常設作家でおなじみの詫摩まりさん。

常設でお取り扱いをさせていただいているアクセサリーは、どのデザインもシンプルでありながら可愛らしさがエッセンスとして含まれ、年齢を問わず多くの方にお手に取っていただいています。

 

今回の展示では、定番のピアス・リングなどのアクセサリーなどに加え、コップやお皿、ピッチャー、ボトルなどのテーブルウェアもご覧いただけます。

そしてアクセサリーも、ネックレス、リング「豆」シリーズの新色、新デザインのピアスがご覧いただけます!



 



詫摩さんのガラス作品は、生き物のような、そして植物のようなフォルムが魅力であり、ガラスという素材の堅さを忘れてしまいます。

ガラスは手で触れても形は変わらないし、物質としては当然堅いものですが、

普段バーナーワークでガラスを火で溶かし、形を変えて作品を制作される彼女の作品は、

柔軟さと面白さを兼ね備えて生まれてくるように感じます。

 



展示に向けて詫摩さんよりお言葉をいただきました。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

ガラスと言う素材が好きです。

溶かして熱くなったガラスは柔らかでオレンジ色。

それを竿に絡ませ息を吹き込むと、まるで身を任せるように変化していきます。

重力に逆らわず、遠心力や表面張力など、

自然の成り行きでできる有機的なカタチを大切にしています。

 

今回の展示では定番のガラスアクセサリーに加え、ボトルの新作やシンプルなお皿など、

普段のokebaさんでは扱っていないテーブルウェアも多数準備しております。

家で過ごす時間が多い今日この頃、柔らかいガラスのフォルムと色、

涼しげな透明感をお楽しみ下さい。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

物質としては堅いものなのに、どこか柔らかさを感じる。そんな作品の魅力を、普段はご覧いただけないテーブルウェアなどの作品のフォルムと共に、存分に体験していただけたら嬉しいです。

 

 ぜひ、この機会にご来店ください。

お待ちしております。

 

____________________________________________

詫摩まり ガラス展 Glass worksexhibition2021 

2021 73日(土) - 14 日(水)

11:0017:00 会期中無休 *最終日16:00まで

Instagram:@takumari.gb

http://maritakuma.com/

____________________________________________

 

staff 佐々木

2021年6月14日月曜日

6月16日(水)から、LITMUSさんの展示が開催されます。

 6月16日(水)-6月30日(水)LITMUSさんの展示が開催されます。



LITMUSの藍染は、日本に古くから伝わる伝統的な染色技術、「灰汁発酵建て(あくはっこうだて)」という手法を受け継ぎ染められたもの。

そのこだわりの技法をLITMUSのフィルターを通し、素材や概念にとらわれない作品作りで、

“日本の藍色”を表現している作家さんです。



藍染めは使っていくうちに少しずつ馴染んで、まろやかな色合いへと変化していきます。

形は同じでも、まったく同じ色は一つとしてありません。

身に着ける人の元で、その表情を豊かに変えていく。そんな所も藍染の魅力の一つです。



昔の日本では、藍で染めたものは虫が嫌うと言われ、畑仕事に使う手ぬぐいや野良着、肌着や座布団など

生活の多くのものを藍で染め、暮らしていたそうです。

藍には抗菌作用もあり、汗のニオイを抑えたり…と、本当に多くの人に愛されていました。

LITMUSは今の時期にもぴったりな、藍染で作られたマスクも制作しています。

大きさはS,M。更に、形もプリーツタイプと立体型タイプの二種類を手掛けています。

常設のアイテムではありますが、気になる方はこの機会にいかがでしょうか?





今回の展示では、メンズ・レディースの藍染アイテムが展示されます。

藍染に馴染みのない方でも手に取りやすいTシャツは、濃淡の違う種類が並ぶ予定です。

そして、今回は常設にはない新しいデザインが並びます!

お好みの色やサイズ、デザインを選んで頂き、オリジナルの一枚をオーダーする事が可能です。

世界に一つだけの、あなたのTシャツ。色々な種類、色で見比べ、悩むのも楽しんで下さいね。



また、週末には店頭でシルフスクリーンの体験も開催予定となっています。

普段生活していると体験する機会は多くはないでしょう。

今日はやっているかしら?と気になった際は、okebaのインスタグラムで情報を発信しておりますので、

是非そちらも覗いてみてくださいね。


okebaへ初めていらっしゃった方の中には、LITMUSさんの藍染を手に取り

「一目惚れしちゃいました」と嬉しそうにお話する方も多いです。

あなただけのたった一つの藍染めを、ご自身の手で育ててみませんか?


____________________________________________

「LITMUS展」

LITMUS


2021 年 6 月 16 日(水) - 30 日(水)

11:00~17:00 会期中無休

*最終日16:00まで


Instagram:@litmus_indigo_studio_japan

HP:http://litmus.jp/

オンラインショップ:http://litmushouse.com/

____________________________________________


staff:澤村

2021年6月10日木曜日

6月16日(水)から、black coffeeさんのフェアが開催されます。



6月16日(水)から、black coffeeさんのフェアが開催されます。

つるりとした肌触り、にごりのない鮮やかな色が特徴的なblackcoffeeさんの作品たち。
今回のフェアでは、夏の装いにピッタリなブレスレットやカラフルなヘアゴムなど、様々なアクセサリをご用意していただいております。


見ているとおもわず食べたくなってしまうようなつやつやした色彩は、作家さんの技術があってこそのもの。
単色で作られたアクセサリは、カジュアルな雰囲気にもフォーマルな場にも身に着けやすく、季節を選ばずに身に着ける事が出来ます。
是非一度ご試着してみてはいかがでしょうか?






今回の展示には、ブレスレット、ヘアゴム、ピアスなど、様々なアクセサリが並べられます。
また、ピアスは展示限定の金彩・プラチナ彩で作られたアイテムもご用意していただきました!
金やプラチナは通年使いやすく、合わせやすいカラー。手に取った際は、いろいろなところへ連れて行ってあげて下さいね。




シンプルだからこそ合わせやすい、明るい色のガラスはお洋服に合わせて色を揃えたくなってしまいます。
合わせ、比べながら、一番のお気に入りを見つけてみて下さいね。



涼やかで美味しそうな、この時期にもピッタリのblackcoffeeさんのアクセサリ。
開催まで、もう暫くお待ちください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「blackcoffee フェア」

 blackcoffee

@blackcoffee.glassaccessory

http://blackcoffee.stores/jp/

2021年6月16日(水) - 6月30日(水)

11:00-17:00 会期中無休

*最終日16時まで

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

staff:澤村

2021年5月26日水曜日

「ipada ガラス展」 濱舘 寛 / 村木 未緒

ipada ガラス展
2021.6/2-6/14 
ipada 濱舘 寛 / 村木 未緒


この季節がやってきました。
6月2日(水)よりipadaの展示が始まります。

<ひとひら 〜片口〜>

蓮の葉から零れ落ちる一雫。

水面が微かに弧を描きはじめる。

ひとたびの瞬き。

蓮池での一瞬の光景を器にしてみようと思いました。

光を通す無色透明なガラスを使うこと。

イメージに用の美を備えること。

道具としての機能を損なわないこと。

唯一無二であること。




<一二三 〜ぐい呑み〜>

「ひーふーみー」と唱えば、酒蔵の扉が開き、

蔵の中へ清らかな風が吹き込み、一雫の水が酒になる。

ひ(火)・ふ(風)・み(水)

火(ガラス)と水(酒)を風が結ぶイメージで作りました。

光を通す無色透明なガラスを使うこと。

形を無理に整えないこと。唇で感じる飲み口の薄さ。

 

  


 ガラス作家 濱舘寛と村木未緒が手がけるipada。

津軽のことばで「風変わりな」という意味を持ちます。

素材の持つ美しさをシンプルに引き出すこと。普遍性のある形をピュアに求めること。

そのような理念のもとに創られた作品達は、透明なガラスの中にも様々な表情を包括していることを感じます。

ipadaの作品は幻想的なオブジェ、花器、シンプルかつ独創的なデザインで料理を引き立てる器、どんなコーディネートに合わせやすく、それでいて存在感のあるアクセサリーなどがあります。

ガラス工芸というと、吹きガラスや、江戸切子などをイメージされる方も多いと思いますが、その他にキルンワーク(電気炉による焼成)やサンドキャスト(砂型鋳造)など様々な技法があります。

様々な技法を組み合わせ、常に新たな表現の可能性を探っています。

今回は、定番”seaたまご””一二三””ひとひら”シリーズなどをクローズアップ。
そこから生まれる新しいガラスの表現をお楽しみください。

夏のipadaといえば!の青い風鈴や、フラワーベース、酒器、ビアグラスなどもご用意してくださいます。


お二人はipadaの活動と平行して個々の制作活動もされています。

常設展示ではなかなか表現できない濱舘さんの旅するうつわシリーズや、美緒さんの光の玉など、それぞれの個人作品が展示されるのも個展ならでは。

それぞれのバックグラウンドからくるインスピレーションをもとに、作品を作られています。以下の作品とコメントからもわかるように、それぞれの個性とセンスが光るお二人。
それぞれの魅力が重なり、美しい色合いを帯びたガラスを生み出しています。


濱舘寛

あられのプレート

 水たまりに張った氷を取り出したような。

高温で熔け発光したガラスが冷めて固まると、

涼しげなイメージになるのは不思議です。


村木未緒

掌サイズのガラスオーナメント(かたまり・塊)を中心に、

ガラスオブジェをちりばめます。

ミオちゃんの空想やオマージュを楽しんでいただけたら、これ幸い。


まさに「風変り」で私たちを魅了するipadaの表現をご覧ください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「ipada  ガラス展」

 濱舘 寛/村木 未緒

@ipada_glass

http://ipadaa.jp

2021年6月2日(水) - 6月14日(月)

11:00-17:00 会期中無休

*最終日16時まで

++++++++++++++++++++++++++++++++++++






2021年5月25日火曜日

6月2日(金)より、岡洋美さん、すずきみきさん、遠藤マサヒロさんの三人展が開催致します。

 

comfortable home

~暮らしを彩る道具展~

2021.6/2-6/14 @okeba

hiromi oka + miki suzuki + masahiro endo

 


岡洋美さん、すずきみきさん、遠藤マサヒロさんの企画展、「comfortable home ~暮らしを彩る道具展~」が62日(水)からから始まります!

陶器・木工・お洋服と布小物と、多ジャンルの作家さんが集まり、暮らしに彩を添えるアイテムをお作り頂き展示販売していただきます。

様々なアイテムが集まる今回の展示は、見応えたっぷりですよ。

 

各作家さんがそれぞれokebaで展示をして頂いたことのあるお馴染みの作家さんですが、

この3人が1つのテーマで展示をして頂くのは初めてです。

どのような世界がokebaの中で展開されるのか、今からとても楽しみです。

 


陶器の岡洋美さんは、ふだん使いに使い心地の良い器をご用意いただきます。

定番のお皿・マグカップ・耐熱のお皿などに加え、過去2回の展示ではまだご制作されていなかった、新しいデザインの器が初登場となります。

このデザインで遠藤さんとのコラボ作品もご覧いただけますので、ぜひこの展示ならではの作品をお手に取ってご覧ください。

 



遠藤マサヒロさんは、常設でお馴染みの木工作家さんです。

シンプルながらにハイセンスな器は、他のどんな器や食器にもなじみ、食卓や暮らしを彩ってくれます。

長くお使いいただき、更にメンテナンスをしていただく事も可能です。

常設では見ることのできない新しい作品はもちろん、普段のアイテムを複数ご覧いただける機会となっておりますよ。

気になる際は是非一度手にとってみては如何でしょうか。

 



すずきみきさんは、遠藤さんとの2人展や、昨年バッグ作家の旦那様・amさんとの展示で大変ご好評いただいている洋服の作家さんです。

今回は洋服に加え、キッチンで役立つエプロンやターバン、キッチンクロスなどの布小物もお持ち頂きますので、

昨年のお洋服を中心とした展示とはまた違う側面をご覧いただけるのではないでしょうか。

布は収納にも困らないアイテムです。普段の生活にひとつまみ、彩りを加えてみませんか?

 



どのアイテムと合わせようか?と考える事が多く、楽しい展示になりそうです。

ぜひお気に入りの組み合わせを探しに来てくださいね。

開催を楽しみにお待ちください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

comfortable home ~暮らしを彩る道具展~

岡洋美【@oka_hiromi_oka】

すずきみき【@suzumdesu】

遠藤マサヒロ@atelier_turn】

2021年6月2日(水) - 6月14日(月)

11:00-17:00

*最終日16時まで

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

staff:澤村

2021年5月10日月曜日

5月14日(金)-31日(月)国分里保さんのフェアが開催されます。

 「贈るもの 使うもの」国分里保



5月14日(金)-31日(月)国分里保さんのフェアが開催されます。


デザイナー、イラストレーターとして活躍されている国分里保さんの作品は、色鉛筆で描いたような、やさしく明るい色どりの紙もの。

日常使い用にはもちろん、贈り物やちょっとした贈り物などに活躍してくれそうです。1つ1つの柄や細やかなデザインは、つい、じーっと眺めてしまいます。


今回の展示は、24種のオリジナルペーパーを元に、リングノート、ポチ袋など「贈るもの使うもの」を取り揃えてご用意いただきます。


人々の暮らしのイロドリになるアイテムになれたら嬉しい、という想いのもと

“贈るもの”は、感謝やお祝いの気持ちを楽しく伝える為に、

”使うもの”は、日常を楽しく過ごせる為にデザイン、制作してくださいました。



なんと箱やノートは、一つ一つ手作業で作られています。紙と厚紙を膠(にかわ)で接着する事で、強度のあるしっかりとした箱とノートに仕上っています。膠(にかわ)とは動物の皮や骨等を原料とした”のり”のこと。自然のものなので、生分解性があります。環境にやさしい素材を使用して制作されています。


私は昔から、紙もの文具が大好きです。小さい頃から、メモ帳、シール、レターセットをたくさん集めていました。当時は集めた紙文具は持っているだけでも幸せでしたが大人になった今は、可愛いものは使ってこそ素敵だと思うようになりました。国分さんの紙ものも、贈る方も、贈られる方も幸せな気持ちにさせてくれる素敵な作品ばかり。お気に入りのレターセットや包装紙、ぽち袋で、大切な人に渡すだけで特別な気分になれるはず。

メールや、LINEじゃないからこそ、ここぞとばかりにこだわってみてはいかがですか。(もちろん自分用にも!)時には、デジタルにはないリアルなお楽しみを取り入れてみて下さい。





今回okebaでは初めて展示していただく国分さんの展示、ぜひ、紙の色、質感、デザインなど、”紙や印刷の楽しさ”も併せて味わってみて下さいね。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「贈るもの 使うもの」

 国分里保

@gomphrena

http://gomphrena.jp/

2021年5月14日(金) - 5月31日(月)

11:00-17:00

*最終日16時まで

*定休日:18日(火)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

staff:渡邊