スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2024.02.15 - 02.28 「stitch!!!」nim & 出羽律子

「stitch!!!」  2024.02.15 - 02.28  nim & 出羽律子 服を作る出羽律子さんと、バッグや小物を手掛けるnimさん。 作るアイテムや使用する素材は異なりますが、同じ技法である「ステッチワーク」で繋がる展示になります。 お二人それぞれの定番アイテムであるバッグや小物、お洋服はもちろん、イメージモチーフを共有して制作されたアイテムなども並びます。 出羽律子さんより 今回 はじめて nim さんとご一緒させていただきます。 使う素材や作るものは それぞれ違いますが、 タイトル「 Stitch !!! 」の通り 2 人ともステッチが好き! どんなステッチが飛び交う展示になるのか とても楽しみです! いろいろな方にご覧いただき、 楽しんでいただけたら嬉しいです。 nimさんより 牛革のバッグの他にナイロン素材にミシンステッチを施したバッグや、牛床革のティッシュケースや豚革で作った一輪挿し等、インテリアグッズも取り揃えます。 ステッチワーク多めに楽しんで作ります。 「stitch!!!」 2024.02.15 - 02.28  ※20日(火)定休日 nim & 出羽律子
最近の投稿

2024.02.02-02.13 かとうようこ×矢原 由布子×ヒグチ エリ 「あしもとのひかり」

  かとうようこ×矢原 由布子×ヒグチ エリ 「あしもとのひかり」 冬が終わり、草木が芽吹く頃、 それぞれの、足元にさす光を集めて。 陶器、絵、刺繍の3人展がはじまります。 今展は陶器・イラスト&絵画&ハンコ・刺繍といったジャンル多彩な作家さんたち の作品を一堂にご覧いただけます。それぞれの作家さんは「植物」や「自然物」 をモチーフ、テーマにした作品を制作されている共通点があります。 そこで今回は足もとにある、普段あまり気にかけないような小さな植物や石ころ、 また展示の季節である春の訪れを優しく感じるような柔らかな日の光などを 軸として落とし込んだ作品を三作家さんがお持ちくださいます。 古来からある和紙染という技法で絵付けした器と移りゆく空の色をイメージした釉薬の器を製作しています。 今回の三人展では胡瓜草のモチーフの器を作りました。 足元に芽吹く春の草花を探し集めるような展示にしたいと思います。 (かとう ようこ) 新作は植物図の額装作品と、植物のシルエットのハンコ。 ハンコ作品はミニ封筒などに仕立てました。 その他、絵本『はるなつあきふゆのたからさがし』(アノニマ・スタジオ)、ポストカードなどの紙物雑貨、ハンコなどをお持ちします。 (矢原 由布子) 今回の展示では思うままの線を刺繍した和紙刺繍の作品をいくつかお持ちします。 「あしもとのひかり」というタイトルから私が作家活動をはじめてから長く制作している「石文のブローチ」や「音の鳥」のブローチ・ 壁飾りの 2 種類もご用意しました。 その他、主にブローチと耳飾りを中心に自然の中で見た美しい形や糸その ものの 手触りや色を大切にモチーフを考え作品作りをしています。 (ヒグチエリ) 2 月はまだまだ寒いですが、 植物達にとっては春に向けて準備をはじめるスタートライン。   そんな足元の光のような植物を大切に思う 3 人の作品が合わさる時、 どのような景色になるのか楽しみに手を動かします。   作品や訪れた展示の空間の中で、小さな春を感じてお持ち帰りいただいたり、 みなさんの暮らしの彩りとなれたら嬉しいです。 2024.02.02-02.13  かとうようこ×矢原 由布子×ヒグチ エリ  「あしもとのひかり」 11:00-17:00 ✻最終日16:00

2024.1.19.Fri - 1.31.Wed 「フォトン」SIRUP & la foret verte

  琺瑯アクセサリーSIRUPとキャンドル la foret verte の二人展。 フォトンとは光の粒子。 アクセサリーとキャンドルのキラっと光る作品の展示が始まります。 アクセサリーは今年の干支である龍をモチーフとしたデザインの新作や 星座線のような金具に連なる星々をイメージして制作しました。 小さくてシンプル、でもキラキラする琺瑯のパーツの色は存在感があり、 左右で同じシリーズにしてもいいですし、 別のデザインと組み合わせてもとても素敵です。   月のクレーターのデザイン、星のモチーフ、地球の色や模様、惑星の形 をしたキャンドルなど、見る人の思うままにイメージの広がる 個性豊かなキャンドルたちが集まります。 okebaで好評だったドライフラワーのボタニカルキャンドルもご紹介予定です。 やさしく灯るキャンドルの光のゆらぎは心を落ち着かせてくれます。 美しい光に満ちて、見る人の心を照らし、癒す、不思議な力を発する作品たち。 瞬き、揺らぎ、様々な表情を見せる光。 本展ではそれぞれが想う光の粒をテーマに表現します。 お二人が集めた美しい光たちを是非お楽しみ下さい。 フォトン 2024.01.19. Fri → 01.31.Wed (01.30 Tue 店休日) OPEN 11:00-17:00 (最終日 16:00まで)

2024.1.5.fri-17.wed At Home Works 林 彩子「AYAKO HAYASHI EXHIBITION 2024」

AYAKO HAYASHI EXHIBITION 2024 At Home Works 林 彩子 1/5 fri - 1/17 wed close 1/16 tue 2024年最初の展示は、 At Home Works 林 彩子さんの個展からはじまります。 多彩な景色を思わせる美しい釉薬と、無駄のない凛としたフォルム。 日常使いできる 用に応え、心をも満たす林さんの器は、どれも気持ちに素直に生まれた形だと感じます。 林さんのアトリエ 林さんの作品をイメージすると思い浮かぶ、美しいブルー。 今展は、その「海」という釉薬をテーマカラーとして、立体を中心に表現いたします。 大きめの花器や、絵画的な作品、アートピースのような作品、日常で楽しめる食器など、林さんが今 描きたいと思う世界を、様々な形でご覧いただけます。 新作の白黒化粧の釉薬や、身に着けるアートのようにお楽しみいただけるアクセサリーや熊澤酒造ならではの酒器や、モキチ鎌倉店で使用させていただいているスープカップ、プレートもご紹介します。 今展では美しい色と作品を、空間と共にお楽しみいただけます。 一点一点から様々な景色をゆっくりと味わっていただければ嬉しいです。 新年の清々しい空気で皆様をお待ちしています。 _ 林 彩子さんより 今回はギャラリーの方とも色味や展示の仕方などワクワク相談しながら準備を進めています。海、という名の色味を中心とした立体を多めに、MOKICHI鎌倉で使って頂いているスープの器などや熊澤酒造ならではの酒器も作っております。新しい試みとして白と黒を組み合わせた絵画的な作品も。どんな展示になるか私自身も楽しみにしております。 _ profile|At Home Works 林彩子  銅版画の掠れや油絵のような質感、自然の揺らぎを受け入れた形。「日常使いできるアート」をコンセプトに日々を彩る器を創る。 1995年 アトリエ飛行船に所属 1997年 森哲郎氏に教示を受ける 2000年 吉祥寺 陶芸教室むさしの にて10年間講師を勤める 2010年 鎌倉に拠点を移し アトリエAt Home Worksをオープン _ AYAKO HAYASHI EXHIBITION 2024 1/5 fri - 1/17 wed close 1/16 tue 11:00-17:00 最終日16:00まで

2023.12.2.sat-25.mon 白倉えみ 白倉祥充「星降る夜に」

  横須賀市秋谷にアトリエ兼ショップを構える陶芸家・白倉えみさんと、庭師で木工家でもある自倉祥充さんご夫妻による展示がはじまります。 毎年 12 月にクリスマスをテーマに盛り込んだ、 okeba の冬の定番の展示となり、楽しみにされているお客様もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。   今年ははじめて、鎌倉で活動されているフラワーアーティストの CHAJIN さんにもご参加いただき、お二人の展示にさらに彩を添えてくれます。歳末のこの時期にぴったりな CHAJIN さんによるスワッグやリース作品の販売も予定しています。     普段の常設展示では出会えない、白倉さんの企画展だけで出会える穏やかな天使たちや空飛ぶ動物たち、温かみのあるモチーフ... アクセサリーやファンの多い器たちも新作含めお届けいただきます。えみさんの物語の中に入ったような作品たちに囲まれた、空間も愉しめる展示となりそうです。 そして祥充さんの造形作品の動物や不思議な生き物たち、朗らかな仏像等からも目が離せません。一度みると心をつかまれる、想像から生まれたオブジェたち。この季節だけ出会える、不思議だけどどこか心躍る世界の一期一会をお楽しみください。           それはまるで冬の物語のような、やさしくて心あたたまるものたち 2023.12.2.Sat-12.25.Mon  白倉えみ 白倉祥充「星降る夜に」 11:00-17:00 (最終日16:00まで)

2023.12.2.sat-25.mon horieee × PiENiKöTA 「さがす みつける」

    「さがす みつける」 horieee × PiENiKöTA     ひとつひとつ縫い上げたビーズ装身具を PiENiKöTA の小さくてかわいい 古道具とともにわくわく宝探しのようにみつけていただけるとうれしいです。 毎年恒例の白倉さんのクリスマス展と同時開催の展示イベントとして、今年は天然石と刺繍のアクセサリーをご制作されているhorieee(ホリー)さんと、古道具店 PiENiKöTA (ピエニコタ)さんの展示を開催いたします。 ホリーさんの、シンプルなデザインの中に個性がきらりと光るアクセサリーと、ピエニコタさんのシャビーシックな中にお菓子屋さんながらの暖かさを感じる古道具。 この2つのハイセンスなアイテムを融合したスペシャルな展示となります。きっと、ワクワクする空間に、ギュッと心を掴まれる可愛らしいアイテムを見つけることができすはずです。 前回と同じく、いつもどこかに「Search」と「Find」= 探す・見つける、というテーマがあり、宝探しをするような気持で展示を楽しんでいただけたらという思いがあるそうです。 また、今回はお楽しみくじも用意してくださるそうです。はずれ無しのくじ引き、どんなものと出会えるかわくわくするものがさらに増えます。 どこかにひそんでいるあれやこれ さがして、みつける 宝探しにいらしてください ◆horieee ミヤシタ マユミ 天然石に魅せられ、2010年にhorieeeとしてビーズワークや刺繍を使ったアクセサリーの制作をスタート。 イベント出展やワークショッ プの企画を中心に活動。シンプルながら個性の光る作品を提案している。 ◆pienikota ムトウサオリ 前の持ち主から手を離れ、長い年月を経て私たちのもとへ来てくれた古道具たち。 古道具たちが魅せる表情は様々な物語を語っています。 PiENiKöTA では「あったら落ち着く」「なんかいいな」と 思える古道具をセレクトしております。 感性を大切に、ココロが動くものを・・・  horieee × PiENiKöTA 「さがす みつける」 2023.12.2.sat-12.25.mon 11:00-17:00 最終日 16:00まで