2014年4月11日金曜日

「手紙フェア -春の手紙で想いをつなぐ-」作家紹介☆

4月9日より、okeba ギャラリー2Fにて、「手紙フェア -春の手紙で想いをつなぐ-」が始まっています。


今回、8人の作家さんがそれぞれの想う春をイメージした新作のポストカードや便箋、メッセージカードなど人と人とが繋がる素敵なアイテムを制作してくださいました。

今回は、作家さんのご紹介です。


AUI-AO Design  (グラフィックデザイン)


大磯町で活動するデザイン事務所
コンセプトはデジタル化の普及により出番の少なくなった「文字を書くこと」と「直接モノに触れること」を とりあげ私達ならではの構築方法で制作しています。
ふだんは、デザインの仕事のかたわら活版印刷や紙雑貨を制作している。

【手紙に関する思い出】
メールやラインが主流になっている現在、手紙という物は本当に想いを伝えたい時に 抜群の効果を発揮するのもだと思います。
仕事上、昔の方の手紙を読むことがあるのですが、時空を超えて読めるのは手紙ならではです。
あの読んだ時の心の揺さぶりは懐かしくもあり人間としての大切なものを思い出します。



aki(加藤 晶子)  (絵本作家)


2005年より個展等で絵本を発表 第35回講談社絵本新人賞受賞。2014年6月受賞作「てがみぼうやのゆくところ」出版予定。同ギャラリーにて出版記念トークショーを予定しています。

【手紙に関する思い出】
中学生の女の子からもらった絵付のファンレター。大好きな絵本作家の方にファンレターを送ったら、直筆のお返事をいただいたこと。 今は亡き友人と生前、やりとりしていた手紙の束・・・。



 
 

★ 180|イチハチマル (ポップアップカード)


名手 宏之 1983年 和歌山県生まれ
1枚の紙からつくられた180度ひらくポップアップカード。
飛び出す部分がひとつながりの1枚の紙でつくられているのが特徴です。
2012年から制作開始。小さなカードからインスタレーションまで広く表現。

【手紙に関する思い出】
いまはむかし、下駄箱に置き手紙。
いつか靴の中に入っていた。 気づいたのは、1週間あとでした。
くたくたになった、履き手紙。
誰からの手紙だったかな。


 

★ 高根 友香 (アーティスト)


大学卒業後は、個展を中心に作品を発表。今までは銅版画作品が中心でしたが、2~3年前より色々な素材を使った作品制作。近年は「タカネ雑貨」と称した紙雑貨や、陶芸なども制作。

【手紙に関する思い出】
手紙に関する思い出は、引越したばかりの慣れない家で、初めてポストに友人からの手紙が届いたときは、小躍りするほど嬉しかったです。楽しい空気も一緒に届いた気分でした。





★ 二歩  (文字とことばのデザインユニット)


多岐のフォーマットで表現活動をしています。 「文字やことばが生命力をもって動き出す瞬間」を制作の基盤にしていますが、 手紙はその最たる例です。あの人が書いた文字、あの人が考えたことばだから、 「わたし」にとって生きた感動として感じられる。そういう一瞬を演出できたらと願います。


 

★ 宮本 雪衣 (版画作家)


横浜在住 女子美術短期大学テキスタイル科・専攻科修了
私は、友人や知人とのコミュニケーションにペンを取るという事を大切に暮らして居ります中から、 版画制作を始めました。
モチーフは主に、幼い日から興味のあった四季の草花や、動物が多くなって居ります。
皆様に、一葉一葉から季節をお届け出来ましたらと思って居ります。



★ オオコシ ユミコ (絵描き)


1980年生まれ。絵描きだが、いろいろ組み立てたり、貼り合わせたり…。年に数回の展示と、別ツールを扱う作家さんとのコラボレーションを楽しみながら製作している。

【手紙も思いを伝える大切なツール。】
手紙のよいところは、送る側、送られた側の、その時々の思いを間接的であるのにダイレクトに伝えてくれる。
そして、すぐに読めなくとも、
そっと寄り添って封を開けるその時を待ってくれます。
なりより、体温のあるもの。
そんな大切な時間に寄り添えるよう、私のポストカードはひとつひとつ手仕事でこしらえました。


★ 北村 人 (イラストレーター)


1981年東京生まれ。
東海大学教養学部卒業。
神戸芸術工科大学 非常勤講師。
イラストレーターとして書籍、雑誌、WEB等を中心に活動中。
TIS会員

仕事柄、手紙を送ったり送られたりがあるのですが、やはりメールよりも 送り手本人が感じられる所が好きです。
春をテーマにポストカード作成しまし た。
ぽかぽかした陽気も伝われば嬉しいです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

会期中は、文字とことばのデザインユニット 二歩さんによる「光の手紙」ワークショップも開催されます。お子様と一緒に楽しめる心がほっこりするワークショップです。
素敵な言葉をみつけて、大切な人へメッセージを伝えましょう。

詳細は下記をご確認下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆手紙フェア - 春の手紙で想いをつなぐ-
4 月9 日(水)~ 4 月25 日(金)
平日11:00-17:00、土日祝11:00-18:00 
最終日‐16:00まで
 
☆ 4 月12 日( 土)・13 日( 日)
文字とことばのデザインユニット 二歩 「光の手紙」ワークショップ





内容:「光にかざすと隠れたメッセージがあらわれるカード」をつくるワークショップです。
時間:11:00-12:30 / 13:00-14:30 / 15:00-16:30
参加費:500 円 (材料費込み)
定員:各6 名
予約制ですが、飛び入り参加もOKです。
二歩HP:http://www.unit-niho.com/

【ご予約・お問い合わせ先】
okeba gallery&shopまで
mail:okeba@kumazawa.jp
tel:090-2249-6112
++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff湯川

0 件のコメント:

コメントを投稿