2014年10月21日火曜日

ワークショップレポ★ヒンメリ

去る10月4日、念願のヒンメリワークショップが開催されました。

「ヒンメリ」は自然から授かった麦わらに人の手と心を合わせることで結ばれるモビール。もともとはフィンランドの装飾品ですが、しめ縄同様に、聖域・結界を表す標という役目を担ってくれるそうです。様々な文献を紐解き、「ヒンメリ」を日本に伝えているおおくぼともこさんによるワークショップはまずは、そんなヒンメリにまつわるお話から始まります。
お話の後は実際にヒンメリを作っていきます。複雑そうに見えますが、基本の正八面体の形を覚えてしまうと、様々なオリジナルの形ができあがっていきます。

麦わらをカットし、一本の糸を通した針を麦わらの中に通し、平面から立体へ。様々なサイズで作ったものを自由に組み合わせていきます。不思議と穏やか気分になる、ヒンメリ作り。
みなさんの作ったヒンメリはこちら。初めてとは思えないほど皆さんよく出来ていらっしゃいます。
窓辺に飾るのも素敵ですし、ベビーベッドの上に飾ってもよいですね。クリスマスや結婚式のお祝い事にも使われるのだとか。また、ヒンメリは影が美しいのです。幻想的なヒンメリの影にまた魅了されてしまいます。
1度作ると、2つ3つと他の形でも作りたくなります。そんな方にはキットのご用意もございます。
35cmの麦わらが50本入(真ん中)、22cmの麦わら100本と針と糸の入ったキット(右)、ヒンメリの本(おおくぼともこ著)はここokebaでも10月いっぱい販売しております。

作りかたはおおくぼともこさんのHP及びヒンメリの本に記載がありますので、初めての方でもおつくりいただけます。

おおくぼともこさんHP→ http://himmeli.jp/index.html
HPもとっても素敵です。是非、ご覧になってみてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff加藤

0 件のコメント:

コメントを投稿