2016年1月5日火曜日

『フランスアンティークとハーブのある暮らし』展とギャラリートークのお知らせ*

今月20日(水)~31日(日)まで、今年で3回目となる、フランスアンティーク・
quoi de neuf(クゥアドゥヌフ)さんの展示が始まります!
 

 
毎年買い付けに行かれているというフランスのアンティーク雑貨をたくさんお持ちいただいての展示・販売となります!
お話いただいている仕入れのアイテムとしては、食器・家具・ぼたん・リボン・ブローチなどのアクセサリーなどなど!仕入れは出会いなのでどんな予想外のアンティークに出会えるのかは並んでみてからのお楽しみです!
今からどんなアイテムに出会えるのか、わくわくしてしまいます!
okebaでフランスの蚤の市が楽しめるこの機会に、ぜひお立ち寄り下さい♪



また、今年も出展協力として、平塚にお店を構えていらっしゃる、アンティークショップmenuさんからも、商品をお持ちいただいてのコラボ展となりますので、menuさんの、アンティーク家具も合わせてご覧いただけます!
こちらもどんなものをお持ちいただけるのか楽しみですね。








 
そして更に、今年はquoi de neufさんが輸入した南フランスの薬草ティザン(ハーブティー)の販売、トークショーも予定しています!人気で中々手に入りにくいというこのハーブ。フランスの田舎町で古くから伝わるハーブだそうです。
コチラの貴重なハーブ・Tisaneティザンを試飲しながら、ハーブやアンティークのお話を聞きませんか?
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『フランスアンティークとハーブのある暮らし』ギャラリートーク
【内容
誰でも簡単にできるハーブ塩を作ってみませんか?
ゲランドの塩とオーガニックハーブで作ります。
サラダやスープ、肉料理がこれさえあれば簡単に美味になります。
また、Tisaneティザンを試飲しながらフランスアンティークの話をしたいと思います。
Tisane(ハーブティ)はフランスの民間療法。
南フランスから直接届いたオーガニックティザンはまるでポプリのような美しい色で
とても美味しいです。アンティークの仕事を始めて15年になりますがとても奥が深く、全てを語ることは難しいですが買付の度にフランス人から聞いた事や調べた事をお話ししたいと思います。
日時:122日・23日(金・土)
時間:両日1330分~1時間程度
場所:okeba
定員;7
料金;1500円(ハーブティー付)
 
※ハーブのご用意に限りがございますので、定員になり次第締め切らせていただきます。
 お早めにお申し込みください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 村石
 

0 件のコメント:

コメントを投稿