2019年2月12日火曜日

2月16日(土)~照明デザイナー伊藤恵さんの光の足跡~ 灯から見えるヨーロッパと日本の暮らし


今回の暮らしの教室の講師はウィーンを拠点に活躍されている照明デザイナーの伊藤恵さんです。 今では照明デザイナーとして、ヨーロッパ各地からオファーが舞い込んでくる恵さんですが、その道のりは決して 平たんなものではありませんでした。もともとモノづくりが好きだった恵さんがなぜ照明デザイナーという道を選 んだのか?今のキャリアになるまでの足跡を辿ります。





ヨーロッパの文化にとって、照明()とは快適な暮らしをする上で重要なものです。灯を通して感じる日本人とヨー ロッパ人の気質の違い、食生活や時間の使い方の違い、ヨーロッパの暮らしの中でアーティスト(照明デザイナー) して生きること、さらに母として生きることなど、恵さんならではの様々な視点から幸せのモノサシとは何か?をお 話いただきます。 今回は、ランプシェードを作るワークショップも開催いたします。是非合わせてのご参加お待ちしております。 






伊藤 (Mihels )(照明デザイナー、インテリアコンサルタント

https://www.ito-megumi.com
Profile
ドイツ、シュトゥットガルト生まれ 

スイスに移住。 小さい時から高校卒業まで鎌倉で育つ。 1991年にウィーン応用美術大学でテキスタイル ファッションを学ぶ為に留学。1997年からスタン ドランプを作ったのがきっかけで照明デザインの世界に入り、今現在ウィーンの名門ホテルザッハー をはじめとしたホテルやレストラン、カフェ、オフィスなどやプライベートの家の照明も手掛ける。 一つ一つがその場所にあったユニークな一点ものばかり。 優しく自己主張しすぎないそれでいて存在感のある、周りと調和の取れている照明作りを目指 してきた。
NHK
ニュース JALの雑誌 ジャパンタイムズなどにも取り上げられている。 


【タイムテーブル】


1回目「ランプシェードを作るワークショップ」:10:00~12:00
トークショー:13:00~14:30
2回目「ランプシェードを作るワークショップ」:15:00~17:00

【講 師】伊藤 (照明デザイナー・インテリアコンサルタント)

【参加費】(1)トークショーのみ 1,500 2)ワークショップのみ 15,000 3)ワークショップ+トークショー 16,500 
参加ご希望の方は、上記記載の参加内容(番号)のいずれかをお選び下さい。 
ワークショップをお申込みの際は、ご希望の時間と参加人数をお知らせ下さい。

【定 員】30 定員に達し次第締切らせていただきます。 
ぜひぜひ、トークショー・ワークショップ共にご参加をお待ちしております!
みなさまお誘いあわせの上、ご参加ください。

お申込みはokeba gallery&shopまで
mail:okeba@kumazawa.jp
tel:0467-50-0252 ※営業時間外のお申し込みはmailにてお願い致します。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石(わ)



2019年2月9日土曜日

「遊牧民の手しごと展」


 
 

 2019年2月16日~2月27日までイランの遊牧民の手によるキリムとギャベの、展示即売会が開かれます。
 
 
毎年大きな絨毯がokeba galleryの壁を覆います。
 

その大きさにも圧巻なのですが、遊牧民の願いや祈りが込められた紋様は、母から娘へと受け継がれ、悠久の刻を刻んでいます。その刻が形になって私たちを包み込むようです。
 
 
その手仕事は独特なアニミズムというよりは、人間の根源的な願いを黙々と紡ぐ作業です。
 

文様の意味や世界観をこの作品を取り扱っているサミットさんに是非聞いてみてください。
文様の組み合わせや色などはひとつひとつ違うので、珍しいものや自分の感覚とリンクするものなど、同じものがひとつとして無いことも魅力のひとつです。


 
イランのお母さんたちが編んだひとつひとつ違うあったかウール靴下も
編んだ方の想いや人柄が表れているようで、迷ってしまいます。
 
 
クッションカバーも暖かく、夏は涼しい。柄の取り合わせでシックにもワイルドにも。
 
 
40×60サイズのギャベは玄関マットや、足元に。
お部屋のポイントにもなります。
 
厳選されたギャベ、キリム、そしてアウトレットのギャベやイランガラス、バックも限定数でお持ちいただけるそうです。
 
 
 
遊牧民の奏でる宇宙を是非体感しにいらしてください。
 
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
「遊牧民の手しごと展」
 
2019年2月16日(土)~2月27日(水)
定休日2月19日(火)
平日11:00‐17:00 土祝日11:00-18:00(最終日15:00)
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
村石(え)
 

 





 














































2019年1月28日月曜日

陶芸家・加藤亜希子さんの「陶のうつわ」展が始まります!

okebaの常設作家さんでもお馴染みの、陶芸家・加藤亜希子さんの展示が、次月2月2日(土)から始まります!

優しいフォルムや色使いがお人柄を表している加藤さんの器。
今までは、手描きのカラフルな色合いが特徴的でしたが、昨年くらいから制作されている、ベーシックな色合いや、色彩の柔らかいラインのデザインが大変好評で、今回はそちらのデザインがメインになるようです!
 
 

可愛らしい風合いの絵柄は変わらずですので、ご心配なく!
タッチが柔らかく、やさしさが増したようにも感じられます。また、色の無いタイプも優しい雰囲気はそのままに、どこか落ち着きもあるので、そちらのタイプもとてもおススメ。
最近の展示やご出店では、こちらのタイプもとても人気が高いそうです。


普段使いに楽しめるお皿やカップなどの他、陶板やモビールなどの暮らしに彩を添えるアイテムも並びます!普段の常設ではなかなか数の見ることが出来ない、花器なども比べていただける機会となりますので、ぜひお早めにご来店ください♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■加藤亜希子さんより

これまでカラフルな色と模様の世界を表現してきましたが、今回の展示ではモノのかたちや陰影で何か表現できないものかを模索してみました。

とは言っても雑器としてのうつわです。

気取らず気張らず、日常に溶け込めるように使い勝手も考えました。手にとっか

て眺めていただけましたら嬉しいです。」
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
皆さまのご来店、お待ちしております✤


◆加藤亜希子 陶のうつわ 展

2019年2月2日(土)~14日(木) 会期中無休

平日11:00~17:00/土日祝~18:00(最終日16:00)

 

展示の様子は、okebaのInstagramをご覧ください↓↓↓

 
加藤亜希子さんインスタグラム:atelier_nene
※在廊日については作家のinstagramにてご確認ください。
 
*****************************************************************
staff村石(わ)

 

2019年1月16日水曜日

伊藤由紀子さんのフェア「新年!はばたく鳥と繁るヒゲたち」

明日からは、昨年大変ご好評頂きました、九谷焼の伊藤由紀子さんのフェアが開催いたします!

今回はフェアということで、ちょっとクスッとしてしまうオジサンのブローチや、定番で制作されている人気の鳥のブローチ・そばちょこなどをメインに展示販売して頂きます。



また、忍者柄の器なども、数点ですがお持ち頂けるとか。
伊藤さんの絵付けの柄は、重くなりすぎず、少し可愛らしい九谷焼の雰囲気が他には見ることが出来ないということで、ファンの方も多くいらっしゃいます。



今回は、九谷焼のガチャポンも登場するそうです!!
ぜひ是非、ちょっと楽しい九谷焼の世界を覗きにいらしてください♪

お待ちしております!

------------------------------------------------------------------------------------------

 九谷焼 伊藤由紀子 fair

 「新年!はばたく鳥と繁るヒゲたち」

 
2019年1月17日(木)~31日(木)

平日11:00~17:00/土日祝~18:00(最終日16:00)

 

展示の様子は、okebaのInstagramをご覧ください↓↓↓


-------------------------------------------------------------------------------------------
staff 村石(わ)


2018年12月27日木曜日

丹羽健一郎さん個展

「スパイシー」

 
 
2019年1月4日(金)~1月14日(月)まで毎年恒例の丹羽健一郎さんの展示が始まります。
陶器の器が毎年1月にお目見えするのはいつも圧巻です。
 
 
今回の展示では白と黒を基調としたシンプルなかたちで表現をされるそうで、
赤い植物やお料理など、お正月の素材も映えそうな予感です。
 

丹羽さんの今回の展示のテーマは「スパイシー」。あくまでお料理を演出する道具としてのスパイス的な要素としての器に注力し、お料理を邪魔しない、スマートでシンプルな器の提案です。

丹羽さん御本人からもメッセージが届いております。

「シンプルなかたちを白と黒で表現しました。

日常の暮らしにピリッとスパイスをきかせた

モノクロの世界です。

うつわが自己主張せず料理にスポットライトが当たるよう心掛けて制作しています。

もちろん、現在展開している色釉のうつわや

オーブンプレート、新作のオーバルココット

なども展示いたします。」
 
 
お料理がかっこよくきまり、華やかに演出される器たち。でもシンプルさと手でひとつひとつ作り上げた陶器は暖かさも兼ね備え、日常遣いにも耐える強さも持っています。日常に一さじ、スパイスを加えて、変化をもたらすことにも一役買いそうな器です。
 
是非この機会にお求めください。
 
------------------------------------------------------------------------------------------
 
丹羽健一郎 個展
 
「スパイシー」
 
2019年1月4日(金)~14日(月)
平日11:00~17:00/土日祝~18:00(最終日16:00)
 
展示の様子は、okebaのInstagramをご覧ください↓↓↓
 
 
丹羽健一郎 instagram→kenichirou_niwa
 
※在廊日については作家のinstagramにてご確認ください。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------
 
村石(え)
 

 


 
 


2018年11月28日水曜日

キャンドル作家・la foret verte mieさんのフェアがはじまります

今年も、クリスマスのシーズンにお馴染みのキャンドル作家さんである、la foret verte mieさんのキャンドルの販売がございます!
 
 
今年は、以前人気でしたドライフラワーのキャンドルもリクエストにお応えいただきお持ちいただけることに!
今年のドライフラワーは、ライスフラワーとリューカデンドロンをあしらったものだそうです!
とても素敵なドライフラワーのキャンドルの写真が届いて、今からどちらを買おう~と思案しながらワクワクしています♪
 
また、今年で販売が最後となる、Sayuさんの天然石のアクセサリーのイメージにコラボレーションして天然石のようなキャンドルもご用意いただきました。

こちらの写真は12月の誕生石でもある、ターコイズイメージしたキャンドルです。
こちらの写真は、天然石ではありません!キャンドルなのです!
キャンドルで、ここまでの質を表現できるのは、本当にすごいですよね。。
ターコイズの中でも、イラン産のものをモチーフに作られたそうです。


 
 
こちらも、12月の天然石である、ラピスラズリをキャンドルで制作したものだそうです!
 

ラピスラズリは複数の鉱物で構成されているらしいので、白い方解石(カルサイト)と母岩に青金石(ラズーライト)の結晶群が乗っているようなモチーフなのだとか。
本物に負けない美しさがありそうです・・実際のものを手に取り見てみるのがとても楽しみです♪



また、mieさんの定番である、球体のキャンドルなども並びます!
球体のタイプは、点灯した際のカタチの変化や光の陰影もとても個性があってお勧めです。



去年、点灯ようにお創り頂いたキャンドルも今年も点灯いたしますので、こちらもお楽しみに♪

 

皆さまのご来店、心よりお待ちしております*
 

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

la foret verte mie fair

 

2018年12月2日(日)~25日(火)

平日11:00~17:00/土日祝~18:00 (最終日 16:00)

会期中無休

展示の様子は、okebaのInstagramをご覧ください↓↓↓

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

staff村石(わ)

2018年11月26日月曜日

12月2日より、白倉えみさん&白倉祥充さんによる「テンシテン」が始まります

12月2日(日)より、白倉えみさん&白倉祥充さんによる「テンシテン」が始まります。



毎年okebaの企画展の中心としててんじをしていただいておりました白倉さんご夫婦。
今年は、okebaの企画展ではなく、白倉さんご夫婦のお2人自身の展示として、行っていただく形となりました!企画展では「クリスマス」というテーマの下、お2人の作品のテイストを一部お借りするようなスタンスがありますが、今年は世界観を存分にお出しいただき、展示を展開して頂きます。

 

 

旦那様の白倉祥充さんは、造形の作家さんでもあり、どこか彫刻のような造形的な作品を見せて下さる事の多いお2人。
奥様のえみさんの天使の造形作品がokebaに飛び交う様子は、この時期の定番ともいえるようになりました。

 
 


この可愛らしく、やさしい様子の天使などの作品には、実は白倉さんご夫婦の深い思いがありました。


~白倉えみさんのブログより~

東日本大震災の年、「テンシテン」という展示をさせていただきました。震災の前の計画では明るく楽しい展示にしようと思っていたのですが、とてもそんな気持ちにはなれず、それどころかこのままヤキモノを続けていいものかと思い悩み、つくれない日が続きました。今まで考えないようにしていた生死についても、また改めて考えるようになりました。

「テンシテン」テンより降り立ち、シを迎え、またテンにいく。生きとし生けるものは生まれたからには必ず死を迎えなくてはならず、それはいつかは解らない。一瞬先かもしれない。当たり前のことなのですがそれは大変な大切なこと。そうして祈るようにものつくりをするようになりました。生かされている時間を出会った縁ある人達を大切に、有意義に幸せに生きねばと思います。どうぞみなさんも、そして私たちも。
 
 
 
「シを迎え、テンにいく」=テンシ。そんな思いやその表現を作品を通じて訴えていらしたのだと、白倉さんとやりとりさせていただきながら、改めて知ることとなりました。
 
ぜひ、お2人の作品を通じて、そんな思いや世界観を肌で感じて頂けたらと思います。
それは、写真やSNSでは感じ取ることはできない、その場にある空気なのだと私は考えます。
 
ぜひぜひ、ご来店いただきそんなテーマに向き合ってみるクリスマスをお過ごしいただくのもいかがでしょうか?みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


テンシテン
 
KURAKUAR storehouse
白倉えみ(陶磁)
白倉祥充(木 フェルト 金属)
2018年12月2日(日)~25日(火)
平日11:00~17:00/土日祝~18:00 (最終日 16:00)
会期中無休
 
展示の様子は、okebaのInstagramをご覧ください↓↓↓
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石(わ)