2020年1月17日金曜日

「GOOD LUCK! vol.2」が始まります!


2020年始まりの展示第2弾は、キャンドルのla foret verte・mieさんと、琺瑯アクセサリーのSIRUPさんのお2人の展示です。
今年も幸せになりますように、と願いを込めたお二人の展示。

大変ご好評いただきました、前回の展示は早いもので3年前。
お二人の楽しく、縁起のいい展示は今回で2回目となります!

今年の干支はネズミ。
DMにも掲載がありますように、可愛いネズミや、ネズミのライバル猫のモチーフなどが、SIRUPさんの新作で並ぶそうです。
 


上の写真の猫の隣は「階段」。階段と言われればなるほど、と思いますが、一見幾何学模様のような不思議なモチーフ身も見え、見る方によって捉え方が違いそうで面白いなと思いませんか?
他に、どんなモチーフの組み合わせが並ぶのかなども、とても楽しみです♪
 


foret verte・mieさんの方は、イースターエッグをモチーフにしたろうそくなど、こちらも縁起物、祝福物のろうそくが並びます。
 


 
“1年のはじまりの月という事で、

今年も幸せな事が沢山ありますようにと願いを込めて、干支や縁起モノなどをモチーフにした作品をはじめ、定番の作品も並びます。

 
少し時期は早いですが、

生まれ変わりや復活を意識してたまご型のキャンドルをメインに作っています。

キラキラした金糸や銀糸を巻いた人気の作品を今年はたまご型でも作ってみました。”
 
 
 

カラフルなガーラントのような模様のmieさんのイースターエッグは、復活や再生などの意味が込められているのですね。春という季節そのものが復活や再生を思わせ、私たちをワクワクさせます。一足早い春の訪れを、ろうそくを灯して祝うのも春の喜びを共有するよい機会かもしれません。

 

金色というのも、案外日常で探してみると少ないものです。だからこそ、私たちはそこに神聖さを感じ、身に着けたり、道具や小物に移したりして、日常に取り入れるのかもしれません。煌びやかすぎない、厳かに取り入れられた金の音を、ろうそくの灯とともに感じてみてください。その祝福の音が聞こえてくるはず。
 
 
とっても楽しみなお二人の展示は、1月25日~2月2日までです。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------
 
「GOOD LUCK! vol.2」
 
la fortêt verte(キャンドル)と、SIRUP(琺瑯アクセサリー)の二人展
 
2020.1.25sat-2.2sun
 
平日11:00-17:00 土日祝11:00-18:00(最終日16:00まで)
 
*詳細、在廊日は各作家サイト上でお知らせします。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------
 
la fortêt verte→http://lfvcandle.web.fc2.com
城下町小田原でキャンドルを作ったり灯したりしています。
 
SILUP→http://www.sirup.jp
お鍋などの台所用品で使われている琺瑯(ほうろう)で、
ピアス・イヤリング・ペンダントなどのアクセサリーを制作しています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
W.Muraishi&E.Muraishi
 
 
 
 
 
 
 



2019年12月25日水曜日

At Home Works の展示が始まります!

 
 

At Home Works

Ayako Hayashi Exhibition

 

 
 
2020年初めの展示は陶器の作家さん、At Home Worksです。
 
 
 
 
 
At Home Worksは、藤沢で工房を構えていらっしゃいます。okebaでは初の展示となります。
 
 
At Home Works の器はシンプルでシャビーなインテリアに合います。
お洒落ですが、気後れする感じはなく、普段の生活に取り入れていただける器です。
「毎日がちょっと楽しくなる。
気持ちが動くこと」
をコンセプトに作品を作られています。
 
 
「器は、毎日手にとって使うことができるアート。
一点ものの花器は
静物画から出てきたようなイメージで作っています。
ただそこにあるだけで絵になるように。」
そんなアートととして楽しめる器たちです。けれどけして主役ではなく、わき役としての領分をわきまえている、端正な器でもあります。ふっと彩る模様やカラーにそれが現れています。
 
 
 

「気に入った器を使うと、毎日がちょっと楽しくなると思いませんか?

何を盛ろうかな、このグリーンを散らしてみようかな。

気持ちが動くこと、それを大切にものつくりをしています。

器は、毎日手にとって使うことができるアートなのです。

私の作品を気に入ってくださった方が

盛り付けるところ、洗うところ、仕舞うところを想像して作っています。

 

 

初めて熊澤酒造で展示をさせて頂くので、今回は酒器を多めに持っていきます。

私自身も「天青」のファンなので美味しいお酒を飲むことを想像して

楽しく作らせて頂きました。

 

一点ものの花器は

静物画から出てきたようなイメージで作っています。

ただそこにあるだけで絵になるように。

お花を活けてもそれぞれを生かしあうように。」


 
 
展示の意気込みも届けてくださいました。
 
2020年初の展示もとても楽しみな展示になりそうです
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
At Home Works
Ayako Hayashi Exhibition 2020
 
1/5(Sun)-1/20(Mon)
平日11:00-17:00 土日祝11:00-18:00
 
作家在廊日5.12.13.18
 
URL:athome-works.com
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
E・Muraishi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


2019年12月16日月曜日

暮らしの教室 特別教室93

※満員御礼締め切らせて頂きました

「日本のUMAMI、お出汁の話」

 
 
今回の暮らしの教室は藤沢にある鰹節店「丸眞株式会社」代表取締役社長、眞邉光英さんをお迎えしての食事付きのトークショーです(食事はテーマに沿ったものを詰め込んだお膳をご用意いたします)。
昨年知り合い今では天青をはじめモキチ全店舗でも眞邉さんの鰹節を取り扱っております。

 
 

 
そもそも”THE UMAMI COMPANY"とは何か?文化5年(1808年)神奈川県藤沢市にある鰹節問屋であり削り節メーカーでありながら、今も日本の旨味を世界の『UMAMI』へと広める、今までの概念にとらわれない自由な発想で旨味と向き合うべく、実験的で挑戦的なクリエイティブな場『UMAMI LABO』を設け素材の秘められた可能性にアプローチし続けています。
 
 
 
今回、鰹節の歴史や日本の食文化における旨み成分の話、またそういった日本の大切な食文化が途絶えつつある現状などを話していただきながら家庭で簡単に出来る出汁の取り方実習やテイスティング、本節販売会を開催いたします。
 


 

是非、皆様のご参加お待ちしております。
 
----------------------------------------------------------------------------------------
 
 

 
Profile
眞邉 光英(まなべ  みつひで) 
1968年生まれ
成蹊大学法学部法律学科卒業
創始210年という歴史を持つ鰹節問屋「丸眞株式会社」代表取締役社長。
丸眞株式会社のルーツは1808年(文化5年)に7代前の祖先が屋久島・一湊で鰹節製造をしたのが始まり。
1997年に先代から経営を引き継いだ眞邉光英社長は、「新しい丸眞」をブランドとして定着させるため、リブランディングを実施し、 “THE UMAMI COMPANY”というブランド・アイデンティティを確立。
THE UMAMI COMPANYを日本語にすると
掛け合わせて引き出し合いながら、伝統の中に新しさを創出する会社
 
-----------------------------------------------------------------------
 
 
 
暮らしの教室 特別教室93
 
鰹節「丸眞」×天青コラボ企画
 
「日本のUMAMI、お出汁の話」

 


開催日:202029日(日)予約制


時 間:受付(オケバ・ギャラリー&ショップ)15:00   講演 15:30-16:30 食事&トークショー 16:30-17:30
会 場:蔵元料理 天青    神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7 熊澤酒造敷地内
講 師:眞邉 光英(まなべ みつひで)
参加費:4,200円 食事付き(税込、ドリンク別途)
定 員:25定員に達し次第締切らせていただきます。 

お申込みはmailにてお願い致します➡okeba@kumazawa.jp
お申し込みの際は、お名前・参加人数・ご連絡先の明記をお願い致します。
※複数でご参加の方は、代表者様のお名前とご連絡先をお願い致します。
 
 

 
 
 

2019年11月28日木曜日

12月の休業日のお知らせ



12月のokebaは、12月3日(火)、12月27日(金)~年明け2020年1月4日(土)までお休みとなります。
どうぞよろしくお願い致します。

冬のokebaはとても冷えますので、どうぞ暖かい服装でお越しください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石(わ)

2019年11月27日水曜日

la foret verte(ラ・フォレー・ヴェール)のキャンドルフェアが12月4日(水)より始まります!

今年もこの季節がやってきました!
la foret verte(ラ・フォレー・ヴェール)のキャンドルフェアが12月4日(水)より始まります。

okebaでは、毎年クリスマスの季節に展示をしていただいているお馴染みの作家さんです。
高品質な素材で人にも環境にも優しいキャンドルで、キャンドルライフの楽しみ方を発信してくださっています。

毎年違うテーマで制作してくださるmieさんの遊び心溢れるキャンドル。
今年はどんな作品が並ぶのかな?!とスタッフも毎回楽しみにしています。
今回並ぶ作品を少しご紹介。

「ブラックベリーカヌレ」

定番のベリーのカヌレにたっぷりのクリームをのせて。
わ~美味しそう!とつい手を伸ばしたくなるカヌレ、、ではなくキャンドル。
シックなカラーリングがアクセントに。どこに置いてもクリスマスの気分を盛り上げてくれそうです。


「ホワイトクリスマスカヌレ」
ホワイトチョコレートをかけたロマンチックカヌレ♪です。


「ろうそくのようなケーキのろうそく」
ろうそくをイメージして作ったケーキのろうそく。
mieさんらしいおもしろい発想のキャンドルです!ケーキのクリームのぷっくり感がなんとも愛らしい。
お祝い事にも活躍してくれそうです。


「ホワイトクリスマス・アップル」
「ホワイトクリスマス・ラ・フランス」
りんごと洋ナシのキャンドル。こちらは少し大人っぽいシンプルに楽しめるカタチ。
 
 
「クリスマスの森」
冬の森をイメージしたキャンドル。
柔らかで落ち着いた色合いが優しく彩ってくれます。
わたしはこの作品を見た瞬間、頭の中でクリスマスソングが流れはじめました~♪

ウィットのあるカタチから、たくさんの会話が生まれるような楽しい作品達が並びます!
自分や、大切な方への贈り物にも。
灯をともして、素敵な時間を過ごしてみてくださいね。
是非、ご覧ください。
*********************************
la foret verte(ラ・フォレー・ヴェール)
『Candle fair』


2019.12.4 wed - 12.25 wed
okeba gallery&shop
【okeba gallery&shop】
weekday 11:00〜17:00
weekend 11:00〜18:00(最終日16:00まで)

茅ヶ崎市香川7-10-7熊澤酒造敷地内
TEL/0467-50-0252
MAIL/okeba@kumazawa.jp
HP/http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/

*********************************
staff渡邊

2019年11月25日月曜日

糸賀英恵さんの展示が始まります。

鍛金作家 糸賀英恵さんの展示が始まります。
ワクワクする季節のスタイルに合わせたい心躍るアクセサリーをご紹介いたします。






細やかな手仕事でつくられた女性らしい糸賀さんの作品は、愛らしくもモダンな印象を魅せてくれ、カジュアルにはもちろん、フォーマルなシーンでも活躍してくれそうなエレガントさが魅力です。
硬質な素材を、優しく美しいフォルムで仕上げられたアクセサリーは鍛金作家としてアート作品を制作し、ご活躍されている糸賀さんだからこそできる技術だと思います。

今回のテーマは「銀、ときどき金色」
毎日身につけられるシンプルなデザインのシルバーアクセサリーを中心に、今回は、さらにクリスマスに向けてゴールドカラーのアクセサリーを制作してくださいました。

ゴールドカラーは、肌馴染みもよくスタイルや顔周りをぱっと華やかににしてくれます。
純銀シリーズにはピアス、イヤリングに加えてネックレスのバリエーションも多数取り揃えてご用意しております。

そして他にもメンズラインとして、鍛造のカフスや男女共用のピンブローチを制作していただきました。
こんなカフスがさりげなく着いていたら、とっても可愛いですね。

糸賀さんが手がけた作品は、ほとんどが一点物。
ひとつひとつ細やかに、大切に作られた作品達は、機械ではなく、人の手から作られたからこそ感じるあたたかみが感じられます。


いろんなアイテムと組み合わせてコーディネートしてみても楽しいですよ。
特別なアイテムを見つけにいらしてください。お待ちしております。


※ブログトップに掲載されている画像に記載されている展示開始日の日付が間違っておりました。
正しくは12月4日(水)~25日(水)です。訂正してお詫び申し上げます。

*********************************

糸賀英恵
アクセサリー展~銀、ときどき金色~
2019.12.4wed - 12.25 wed
okeba gallery&shop
【okeba gallery&shop】
weekday 11:00〜17:00
weekend 11:00〜18:00(最終日16:00まで)

茅ヶ崎市香川7-10-7熊澤酒造敷地内
TEL/0467-50-0252
MAIL/okeba@kumazawa.jp
HP/http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/

*********************************
staff渡邊

2019年11月24日日曜日

白倉えみさん・白倉祥充さんの「星降る夜に」展がはじまります!

今年も、12月のメイン展示はクリスマスシーズンの季節感も感じられる、白倉えみさん・白倉祥充さんのご夫婦の展示を開催いたします。

今年の展示は「星降る夜に」。
平和と幸せを祈るというイメージの展示です。


今年も、常設では見ることのできない祥充さんの造形作品や、えみさんの新作も並びます。
今年の新作は、お写真を送って頂いたのですが、上のような作品。
白倉さんらしい、柔らかい作風の中に、静けさや少し影のような部分も感じられるのが白倉さんらしさのように思います。



もちろん、祥充さんの造形作品も毎年の楽しみなのです。
どんな素材で、どんなモチーフで、どんな表情の子たちなのかは、展示が始まってからのお楽しみです♪

それから、えみさんの「人々」や町のような正解感が広がるのも、いつもなつかしさやワクワク感を感じて今年もこの季節が巡って来たな~と感じるようになってきました。

もちろん、初めての方にも楽しんでいただける世界観です!

ぜひ、年に一度の白倉さんワールドを楽しみにいらしてください♪

お待ちしております。

*********************************
 
白倉えみ 白倉祥充
(陶磁 木 フェルト 金属 布)
『星降る夜に』
2019.12.4wed - 12.25 wed
okeba gallery&shop
【okeba gallery&shop】
weekday 11:00〜17:00
weekend 11:00〜18:00(最終日17:00まで)
※年内の営業は12月26日までとなります。


茅ヶ崎市香川7-10-7熊澤酒造敷地内
TEL/0467-50-0252
MAIL/okeba@kumazawa.jp
HP/http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/


*********************************
staff村石(わ)