2018年10月18日木曜日

「tantan iroiro 」展 始まりました!

 
 

tantan iroiro

伊藤由紀子さん(九谷焼)糸賀英恵さん(金工)小山祥吾さん(金属造形)3人による、
「tantan iroiro」展がはじまりました。確かな技術を持つ3人の工芸展は、九谷焼という煌びやかな世界観と金属のもつ重厚感と合わさり、まるで明治の文明開化の匂いを漂わせるシックでノスタルジック、そして華やかな展示となっています。
 
3人の仕事はそれぞれ違いますが、高い技術が合わさると、纏まった高級感がでるのですね。
 
 
小山さんの匙。フォルムが可愛らしくて置いておくだけで素敵です。
 
 
 

伊藤さんの九谷焼。細かい絵柄の描かれた作品。高級感漂う色合いです。「キリシタン九谷」の持つ独特な重厚感です。
 

淡い色の小皿にあしらったマリアをモチーフにしたアトリビュート。(象徴するアイテム)
ユニコーンがマリアのアトリビュートだなんて、知りませんでした。模様にはそのように意味があるので、作家さんがいらっしゃるときは尋ねてみてください。
 
 
ブローチは初日から人気です。
 

糸賀さんの作品。純銀でつくられ、鍛金によってひとつひとつ作られた丁寧ながらふわっとした女性らしさも含む、ネックレス。

 
ピアスもひとつひとつがかわいらしくて、えらべません!!
きらきらして、雪が光っているようです。
 
 
 
是非この機会に3人それぞれの手仕事を観にいらしてください。
 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「tantan iroiro」
伊藤由紀子(九谷焼)・糸賀英恵(金工)・小山祥吾(金属造形) 3人展
 
2018年10月18日(木)~10月31日(水) 会期中無休
平日:11:00~17:00
土日祝:11:00~18:00
最終日:16時まで
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 村石(え)

2018年10月13日土曜日

九谷焼と金工作家の3人展「tantan iroiro」が始まります

 
秋も深まってまいりまして、少し肌寒くなるこの季節から始まる素敵な展示をご紹介いたします。
 
okebaのクリスマス展などにご参加いただいていた九谷焼作家の伊藤由紀子さんと、金工作家の糸賀英恵さん、金属造形作家の小山祥吾さんご夫婦による3人展「tantan iroiro」が始まります。
 

九谷焼作家の伊藤由紀子さんは神奈川県のご出身なのですが、石川県で九谷焼を学ばれて、現在も石川にお住まいになっています。
今回はクリスマス展の時にもご好評をいただいていた「キリシタン九谷」というシリーズを中心にした作品をお持ちいただける予定です。



作家さんからコメントを頂戴しているのでそのまま掲載いたしますと、

「九谷焼は絵付けを楽しむ焼き物です。私は九谷焼の伝統技法を使い、古典的な絵柄を引用しつつ面白く自己アレンジしています。
今回は新約聖書をモチーフにした「キリシタン九谷」を中心に制作しました。

西洋の宗教絵画には「アトリビュート」という、登場人物や事柄を象徴するアイテム(持物)が描かれており、例えば「マリア薔薇、百合」などです。
それを九谷の古典絵柄と組み合わせて、染付けと上絵付けを駆使し色鮮やかに仕上げています。

 一見は古典和柄っぽいのによく見るとアトリビュートがちりばめられているので、ぜひ手にとってご覧いただきたいです。」
 
とのことです。こちらのキリシタンシリーズの他にも鳥モチーフの可愛いカップや小皿などもお持ちいただく予定です。

伊藤さんには今回絵付けワークショップも開催していただくことになっております^^。
こちらは残席わずかとなっておりますので、お早目のお申し込みをお願い致します。


 

 

okeba初登場の作家さんを2名ご紹介いたします。まずは金工作家の糸賀英恵さんです。
今回の展示タイトル「tantan iroiro」のタンタンとは、金工の鍛金(たんきん)の頭文字から来ています。(鍛金とは金を叩くことを指す言葉です。)

糸賀さんは「純銀笹吹」と呼ばれる直径2ミリから4ミリ程度の球状の材料をひと粒ひと粒、金鎚で打つことでキラキラした鎚目(つちめ)模様を作り、アクセサリーを製作されています。
銀の持つ、柔らかくも凛とした輝きのある作品が並ぶ予定です。



 
最後に金属造形作家の小山祥吾さんの作品をご紹介いたします。
小山さんの工房にお邪魔させていただいた時には大きなオブジェが無造作に置いてあって、それもとてもダイナミックで素敵な作品でしたが、今回はキッチン周りで使える小物を中心にご紹介いたします。
 

 
真鍮で出来たカトラリーは遊び心があるデザインながらも使い勝手よく作られていていて、金属なのに柔らかそうな感じを受けます。
銅製のコーヒードリッパーも熱の伝わりが良く冷めにくいので、温かいままコーヒーを淹れることが出来ますので、コーヒー好きの方にお勧めしたいアイテムです!
 
 
ご紹介してきましたように三者三様ですが、みなさん個性的な作家さんの「ちょっと特別」感のある作品展となりそうです。
なかなかご紹介できない方ばかりですので、この機会にぜひご覧になっていただきたい展示です。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「tantan iroiro」
伊藤由紀子(九谷焼)・糸賀英恵(金工)・小山祥吾(金属造形) 3人展
 
2018年10月18日(木)~10月31日(水) 会期中無休
平日:11:00~17:00
土日祝:11:00~18:00
最終日:16時まで
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 加藤
 
 
 
 









2018年10月4日木曜日

大竹雅一さん講演会のおはなし

暮らしの教室特別教室

大竹雅一さんの暮らし方

(「薪と畑とマウンテンバイク」)

 
そろそろ秋も訪れ、だんだんと冬への想いもちらつく季節となりました。
10月20日は暮らしの教室特別教室が開かれます。
 
今回の講師の大竹雅一さんは、マウンテンバイク界のレジェンドと言われていますが、
今回の講演ではいったいどんなお話しをされるのか、大竹さんからお話しを聞く機会がありましたので、少しだけお話ししたいと思います。
 
 
大竹さんは「薪はアート」だと言います。それはいったいどんな意味があるのか?
マウンテンバイクとどう関係あるのか?
 
もちろんすべてはお話しできませんが、大竹さんが、涼し気な眼の奥に宿る炎を、点火させて語るお話は大変興味深いものでした。
 
  • 木の種類は豊富ですが、大竹さんのこだわる種類のもの。
  • 薪の良し悪し
  • 炎の燃え方
  • ストーブの仕組み
 
などなど…。ストーブは大変、手がかかる…。すすが…。など、色々壁も感じてしまう方も、必聴です。大竹さんのお話を聴いていると、いや、いいですね!ストーブやりたいですね!薪から!と思います。
 

もちろんストーブのお話しだけでは終わらないのですが、大竹さんに共通している理念というか、生きる姿勢みたいなものは一貫してやはり流れていて、何に興味を持つかはその時々で違うのかもしれませんが、大竹さんの自然に対するアプローチの仕方がそこに現れているように感じます。

ご本人も何かのエキスパートになっているのは結果であって、その経過を楽しんでいるのだということをお話しされています。


その一貫したくねくねした道のりを10月20日に生で聴いていただけます。


大竹さんの感じる、現代の私たちが失ってしまった感性というものは何なのか?それを意識せずに持ち続けてきた大竹さんの生き方のお話しは、今を生きる私たちにとって、老若男女聴いたほうがいいな、と思えるお話しでした。


マウンテンバイクのお話しももちろんでますが、専門的なおはなしではなく、大竹さんが生きてきたうえでの伝えたいこと、それを中心にお話しされるそうです。

もちろんマウンテンバイクのことで聴きたいことがあれば、質疑応答の時間や講演後にもぜひ質問してみてください。


まだお席もございますのでこの機会をお見逃しなく。

----------------------------------------------------------------------------------------------------


77 暮らしの教室 特別教室 『薪と畑とマウンテンバイク』
~マウンテンバイクショップ大竹さんの暮らし方~
 
開催日:20181020日(土)※予約制

時 間:受付 15:00~ 講座 15:3017:00 

受 付:okeba gallery & shop   会 場:mokichi wurst café 地下1階(同敷地内)

      神奈川県茅ヶ崎市香川7107 熊澤酒造敷地内

講 師:大竹雅一(マウンテンバイクショップ オオタケ 店主)

参加費:1500

定 員:40 ※定員に達し次第締切らせていただきます。

詳しくはこちらもご覧ください↓
http://monosashi.me/special_class/post-4743/

---------------------------------------------------------------------------------------------------
staff村石(え)
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年10月2日火曜日

「伊東正明 製陶所」が始まりました。

本日より伊東正明さんの個展が始まりました。

毎年うつわ中心の展示で楽しませてくださる伊東さん。
今年は「ちょっとだけはみ出したものも作りたくなって」と仰っていました。


 
伊東さんのみかん灰の釉薬に、さりげなく描き込まれた模様をあしらった陶板と、壁掛け時計が登場しました。
陶板は壁に掛けて、絵のように楽しんでも良いですし、うつわとして使うことも可能です。
先程お客様からは、革紐を通して吊るしても素敵ね!と仰っていただけました^^。

 
 
そして今回は伊東さんの作業場から、道具類を持ってきて展示していただいています。
普段使われているカンナやふるいもありますが、15年間使い込まれた棚板(陶芸窯の中に積む棚で、ここに陶器を乗せて焼成します)が伊東さんの歴史を物語っているようで、とても美しいですね。
 


うつわの作品は、みかん灰を使った氷雪シリーズもたくさん展示しております。
生活に寄り添った器づくりを心掛けていると言う伊東さん、今回もお料理に映えそうなものが並んでおります。


今回は伊東さんのうつわを普段お使いのお客様から、料理を乗せた写真をお借りしてパネル展示もしております。
お店に出てきそうな料理の数々で、とても素敵に使っていただいているのがよく解るようになっておりますので、こちらもどうぞお楽しみください。



氷雪シリーズ以外にも、あめ色の釉薬や深いグリーンやさわやかなブルーのうつわなども展示しております。



食べ物がおいしい季節にピッタリなうつわ探しに是非お出かけいただきたいと思います。
皆さまのお越しをお待ちしております。

***********************************************************
Masaaki Ito pottery exhibition 「伊東正明製陶所」

 
2018年10月2日(火)~10月15日(月) (会期中無休)
平日11:00~17:00
土日祝11:00~18:00(最終日は16:00まで)

※オクトーバーフェスト後の9日火曜日も通常営業いたします。

***********************************************************
staff 加藤


2018年9月27日木曜日

暮らしの教室特別教室 マウンテンバイクショップ大竹さんの暮らしかた「薪と畑とマウンテンバイク」開催!

熊澤酒造では毎年3回行われております、10月の暮らしの教室特別教室は、マウンテンバイクの第一人者、大竹雅一さんをお招きいたします。

 
日本のマウンテンバイク界のレジェンドとして知られる大竹さんは、たまたまご夫婦で5年前に弊社(熊澤酒造)へ食事にいらした時、すっかり湘南ビールの味を気に入っていただきご自分の趣味で栽培している(自慢の)レモングラスでビールを作ってくれないかと声をかけていただいたのがお付き合いの始まりになりました。今では湘南ビールのレモングラスホッパーは9月~10月の人気商品となっています。しかも今年からは弊社レストラン全店でそのレモングラスを使った料理を出すというレモングラス月間も始まりました。


 
また8年ほど前から始められた趣味の薪割りの事も伺い、現在では弊社ピッツァ用の薪は大竹さんの薪を使用しています。最近では、こちらが本業かと思うほど薪割りに気合が入っているそうで「薪割りはアートだ」とも言っているほど。




大竹さんはそんな山々をご自身のマウンテンバイクで散策していますが、今回はただのマウンテンバイクオーナーというだけでなく大好きなマウンテンバイクから広がる美しく楽しい生活、その暮らしの中にある価値観について語っていただきたいと思います。

 

 
マウンテンバイクへのこだわりや、様々なご経験談はもちろん、マウンテンバイクと共にある自然に寄り添った暮らしについても、都市の暮らしでは知ることのできないお話しをたんくさんお伺いしたいと思います。

是非、お誘いあわせの上ご参加ください!
お申込み、お待ちしております。

----------------------------------------------------------------
【profile】
大竹 雅一 Otake Masakazu(マウンテンバイクショップ オオタケ 代表)

 


1960 埼玉県浦和市(現さいたま市)に生まれる。川でザリガニを取ったり、里山でカブトムシを取るのが大好きで、より遠くに行くために自転車を使っていた。

1974 同級生に誘われて奥武蔵の山に初サイクリング。自分の足で遠くまで行ける楽しさに魅了される。

1977 地元の自転車クラブのすすめで初めて出場したロードレースで入賞。長距離サイクリングから自転車競技に移行する。

1978 自転車部品輸入卸会社に就職。東京神田まで自転車通勤し、全日本選手権、国体などに出場する実力をつけた。

1985 (株)シマノに実業団選手として採用される。

1987 ロードレース引退。マウンテンバイクパーツの開発企画のため米国出張する。

1988 全日本マウンテンバイク選手権優勝。

1991 シマノを退職、秦野にマウンテンバイク専門店を開業。現在に至る。

2006  家庭菜園でハーブ類つくり始める

2011  店舗内装をセルフリノベーション

2012 薪ストーブ導入と同時に薪づくり開始。

著書 「韋駄天MTBオフロードライディング」山と渓谷社 /「MTBパーフェクトメンテナンス」山海堂

-----------------------------------------------------------------

77 暮らしの教室 特別教室 『薪と畑とマウンテンバイク』
~マウンテンバイクショップ大竹さんの暮らし方~
 
開催日:20181020日(土)※予約制

時 間:受付 15:00~ 講座 15:3017:00 

受 付:okeba gallery & shop   会 場:mokichi wurst café 地下1階(同敷地内)

      神奈川県茅ヶ崎市香川7107 熊澤酒造敷地内

講 師:大竹雅一(マウンテンバイクショップ オオタケ 店主)

参加費:1500

定 員:40 ※定員に達し次第締切らせていただきます。
 
””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
staff村石(わ)

2018年9月26日水曜日

製陶家・伊東正明さんの「伊東正明製陶所」展、開催!

毎年恒例になっております、伊東正明さんの陶器の展示が、今年も開催となります!
毎年、様々な展示の展開を見せて下さる伊東さん。
今年の展示は、その名も「伊東正明 製陶所」。このネーミングには、伊東さんのこれまでの制作への思いが込められているのです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

唐突ですが、皆さんは「製陶所」という言葉からどんなイメージを抱くでしょうか?
木造板張りの小さな作業場で型物の食器を焼く窯元、あるいは衛生陶器を製造する上場企業でしょうか?

 いずれも現在進行形で存在するモノづくりの姿ですね。

 では「陶芸家」と聞くとどうでしょう?

 昭和の時代であれば、自ら掘ってきた土で作品を作り薪の窯で焚いて、気に食わないものは片っ端から潰す豪快なタイプ?
静かでプリミティブな雰囲気を持つ作品を作り、シンプルな生活を信条とする作家?

いずれにしても、表現したいものを土の造作に込める、というのが陶芸家なのだと思います。

 どちらにせよ、皆さんが持つ陶芸家のあやふやな芸術家然としたイメージに困惑することも多々。

 現在、私の仕事は「生活に寄り添った器作り」というのが大きな軸になっていてるので、どちらかというと「製陶家」と言われた方がしっくりきます。昔で言う「陶工」が一番近いかもしれません。

 芸術でもなく、ファッションでもなく、工業品でもない、製陶業。

 ちょっといいものを作る製陶所の所長、といったところを目指しています。

 
今回の個展のタイトル「伊東正明製陶所」は、陶芸家でも工場でもない小さな製陶所の所長みたいな人の作品展だよ、とご理解いただけたら嬉しいです。

 今回は製陶では馴染みのある「タイル」と、あまり陶器が得意とはしない分野であろう「時計」を制作してみました。
 

 

 本流の食器も沢山制作しましたので、ごゆっくり堪能していただければ幸いです。
 


 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

伊東さんより、展示への思いとして、このようなメッセージをいただきました。
編集者から作家へと転身され、今年で50歳という節目を迎えられた伊東さん。

文章をいただいても、そのきちんとした作家としての目指す先や、思いが伺えます。
「思い」を形にするという点において、編集のお仕事も、作家のお仕事も共通する部分があり、今も昔も変わらず、伊東さんのお仕事は真摯なものなのだろうなと、文章からも作品からも伝わり考えさせられます。





伊東さんの器は、そうしたまじめなお仕事ぶりが感じられる、実直な器たち。
特徴をあげると難しいのかもしれませんが、お話しを聞くと細部にこだわりがあり、使ってみるとその良さがとても伝わります。
和・洋どちらにも合い、お料理を引き立てるとても謙虚でまじめな器。

まさに、今回の展示では「生活に寄り添った器づくり」だと仰る、伊東さんのまじめで温かな器たちの数々と、節目を迎えて新たな挑戦にも挑まれた、タイルや時計などの新作アイテムなどの両輪が必見です。

ぜひぜひ、お誘いあわせの上お出かけください!
お待ちしております*


【profile】

陶作家 伊東正明

1968年生まれ。出版社の営業部と編集部で7年間勤務。

焼締陶作家の元で2年間修行。その後、2003年に独立して築窯。「灰釉」に特化した器制作を続けて、現在に至る。

月に1回のペースで、ギャラリー、デパート、カフェ、専門店などにて作品展を行なっている。

[アトリエ]
259-0304
神奈川県足柄下郡湯河原町宮下752-45

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Masaaki Ito pottery exhibition 「伊東正明製陶所」
 
2018年10月2日(火)~10月15日(月) (会期中無休)
平日11:00~17:00
土日祝11:00~18:00(最終日は16:00まで)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石(わ)




 

2018年9月17日月曜日

暮らしの教室 九谷焼絵付けワークショップ

 

伊藤由紀子さんの九谷焼絵付けワークショップ

 

 

2018年10月28日(日) 展示に合わせた伊藤由紀子さんのワークショップが開催されます。
 
伊藤さんは九谷焼の作家さんですが、従来の九谷焼という見方を覆す、ちょっとおもしろい、くすっとするようなかわいらしい文様が特徴の作家さんです。
 




 
 
 


 
白い磁器のお皿に、九谷五彩と言われる赤・緑・黄・青・紫の和絵の具を使って描きます。
 
 

 
まずは、図案を考えて紙に描いていきます。
アイディアが浮かばないときは、先生がいろいろな図柄も教えてくれますよ。

 

塗りが完成した作品。この状態では九谷焼の鮮やかさはまだわかりませんが、焼き上がりが楽しみな作品です♪

 
作家さんが作品を持ち帰り焼成し、後日店頭お渡しか郵送になります。
 
是非是非この機会に貴重な伝統技法を体験なさってください。
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
2018年10月28日(日)
 
時間:①10:30~13:00 ※満席となりました
          ②14:30~17:00
 
場所:mokichi wurst cafe
         茅ケ崎市香川7-10-7
 
講師:伊藤由紀子さん
 
定員:各8名
 
料金:3,500円

*対象年齢小学生以上
 *小学校低学年までのお子様は、親御様同伴でお願い致します。
*描く絵は自由です。その場で思いつかない方は、好みのイラストや図案カットをお持ちください。
 
【持ち物】エプロン(あれば)
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
村石(え)