2018年8月2日木曜日

Plantrical Parade 始まりました!

彫刻家・岡田健太郎 「Plant Parade」

 
 
 
夏休みも始まっているのか、子どもたちがokebaにも足を運んでくれます。そんな子どもたちが、
おや?と引き寄せられてしまう作品。彫刻家・岡田健太郎さんの展示が始まりました。


横浜の工業地帯に育った岡田さんならではの、わくわくするような、不思議な魅力のある作品達が並んでいます。
 
 
今日は作家さんが在廊されていたので題名から「どうしてこうなったのか?」と聞いているお客様もいらっしゃいました。どうやって使うかをつい考えてしまいます。というお客様に、「洗濯物をかけてもいいんですよ。乾きやすいし。」あっけらかんとお話しする作家さんに、アートって身近なものなんだよね…。というホッとする感覚が伝わってきました。
 
 
確かに見たことのない、大きな、非日常だけれど、子どもたちはむしろ難しい顔をすることなく作品に向かっていきます。
 

わんぱくな気持ちやこれとこれ繋げちゃったらおもしろいよね?という感覚がリンクする、身近な存在。たまたま大人がそれを実現しちゃった。そんな風に岡田さんの作品は「こうしてみよう」というわくわくを思い出させてくれます。
 
 
光があたった作品も、影も、とても美しかったです。やっぱりこれは非日常?


アートが日常化してもいい、そんな風に思いますが、大きな作品はなかなか...。という方にも、リースや花器、ブローチなどもご用意しております。
 

アートを持ち帰って、空間をたのしくしてみませんか。彫刻家の作品が気軽に購入できる機会はなかなか無いと思います。もちろん大きな彫刻作品も購入できますのでその際はお声掛けくださいませ。
 


+++++++++++++++++++++++++++++++
【profile】
◆岡田 健太郎 KENTARO OKADA

1977年岡山県生まれ、横浜で育つ。2002年武蔵野美術大学彫刻学科卒業。主な個展に、2008年「岡田健太郎展」藍画廊(東京)、2010年「個室」exhibit Live &Moris gallery(東京)、グループ展に、2013年「anywhare・大島健吾と二人展」gallery okeba(神奈川)、2014年「神奈川県美術展」、「冬のシツラエ」kalokalohouse(神奈川)、「Mondberg」ギャラリーお風呂場(神奈川)、2015年「菜の花in新宿伊勢丹」(東京)、2016年「第11回大黒屋現代アート公募展」板室温泉大黒屋(栃木)など。 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

岡田健太郎 展 「Plantrical parade」
 
2018年8月2日(木)~8月15日(水) (会期中無休)
平日11:00~17:00
土日祝11:00~18:00(最終日は16:00まで)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
村石(え)



 

 
 



 

0 件のコメント:

コメントを投稿